【回答】メゾネット物件の実体験から特徴とメリット・デメリットを解説!

一人暮らし

近年マンションも形を変え、どんどんおしゃれな形へと変わりより住みやすさを追求している今日この頃。

皆さんはメゾネットタイプのマンションに住みたくはありませんか?

こんにちは!ヒトかつ運営部です!

メゾネットタイプとはロフトでもなく二階でもないお部屋のこと。

↓こんな感じのお部屋

よくロフトと間違えられますが、ロフトはあくまで物置として使うことができると言う用途。

メゾネットタイプとはお部屋としての用途で十分な面積と高さがあり、お部屋に分類される場所です。

メゾネットタイプとは元をたどるとフランス語で「小さな家」という意味であり、一般的にワンフロアで完結するお部屋に付加的についていつお部屋をメゾネットと意味します。

しかし、日本では建築法上、二階以上で設計されながら生活ができるスペースとして使われます。

これに対してロフトは建築法上では二階部分の面積が一階のフロアの二分の一未満でありながら高さが最大1.4メートル以内などの制限がありますが、メゾネットタイプのお部屋は窓の数や天井の高さ、面積の広さに制限がありません。

参考 お部屋探しのコツや知識まとめブログ

と紹介してしまっては一目でメゾネットタイプのお部屋が説明しきってしまいましたが…

以下ではメゾネットタイプのマンションや賃貸がどんな特徴があり、どんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介していきたいと思います!

メゾネットタイプのお部屋は本当に快適で素敵なお部屋です。あなたがお部屋で抱える悩みがあれば是非最後まで読んでみてくださいね!

実は少ない…メゾネットタイプはレア物件

そんなメゾネットタイプですが、東京都23区にある物件の数が87,195件に対してメゾネットタイプの物件の数は、なんとわずか1,173件のみ。

全体の数の1%ほどと、実はかなりレアな物件なのです!

しかしこの数はあくまで東京都内の賃貸物件に限っています。実際にメゾネットタイプとしてあるお家はたくさんありますが、ほとんどが分譲であったり注文住宅である可能性が高くあります。

そのためまずメゾネットタイプに住むことを考えている場合は賃貸で考えるより、注文住宅や分譲などの形で考えていくことをオススメします。

メゾネットタイプの賃貸は高い?

結論から言うとメゾネットタイプの賃貸物件は一般的なワンフロアのフラット物件とそう変わりはありません。

東京都内での相場で考えても10万円〜15万円前後が相場になるでしょう。比較は以下の表の通りです。

フラット物件

間取り 築年数 家賃
1LDK 14年 10.6万円
2LDK 3年 15.8万円

メゾネットタイプ

間取り 築年数 家賃
1LDK 17年 10.7万円
2LDK 新築 16万円

参考 エイブルAGENT

しかし、ここで注意していただきたいポイントは思い描いているメゾネットタイプは高級賃貸物件が多いと言うポイント。

例えば…
←こんなお部屋

引用 名古屋のデザイナーズマンション・高級賃貸コラム

←こんなお部屋…

引用 マイナビ賃貸

←こんな綺麗なお部屋など…

引用 tokyou rent.jp

引用させていただいたすべてのお部屋はデザイナーズ系の高級賃貸物件です。

もちろんお部屋のデザインやインテリアなどで大きく変化する部分もありますが、一般的なフラット物件と変わりない賃料で紹介されているメゾネット物件と上で紹介している物件とでは大きく外観が異なる場合がよくあります。

皆さんはメゾネットタイプのお部屋をどのような形で知りましたか?かく言う私も実は某ドラマで知り、メゾネットタイプに憧れを持ちました。

「メゾネットタイプのマンション・賃貸に住もう!」と考えている多くの方がこのような高級賃貸物件を想像している場合が多いのですが、様々なサイトで、メゾネットタイプの家賃相場がフラットタイプと変わりないと紹介されていることが多いため、実際にお気に入りのメゾネットタイプのお部屋を見つけた場合はそのメゾネットタイプのお部屋の家賃をしっかり確認することをオススメします。




メゾネットタイプのメリット・デメリット

メゾネットタイプのマンションは確かに素敵なお部屋ですが、メゾネットタイプのお部屋にもメゾネットタイプを利用するにあたってのメリットとデメリットが存在します。

メゾネットタイプのメリット

メゾネットタイプのメリットは?と聞くと二階でもなくロフトでもない距離感がちょうどいいプライバシーを守ってくれる

と答え、その次に多かったのが

メゾネットタイプは2階分が突き抜けていて天井が高いから開放感がある
とのことでした。

突然の来客でも対応がしやすい

メゾネットタイプのお部屋を利用している方は突然の来客でも対応がしやすいお部屋だといいます。多くの方はお部屋が散らかっていても、すぐにメゾネットの二階に物を移動できるためにお客さんに対応しやすいと言います。

コーディネートがしやすい

コーディネートの面でもメゾネットタイプは有利です。というのも、天井が高い方がコーディネートしやすいという鉄則に則っているから。

メゾネットタイプの部屋は天井が高く空間を捉えやすいので、とてもコーディネートに向いているお部屋と言えるでしょう。

メゾネットタイプは高級賃貸であることが多いため、一人暮らしではなかなか借りるという人は少ないかもしれませんが「利便性」「コーディネイト」「多様性」を兼ね備えた賃貸を選ぶ場合には、メゾネットタイプ は一人暮らしでもおすすめだと言えるでしょう。

片付けやすい

先程申し上げたようにメゾネットタイプでは片付けの苦手な方でもすぐに二階に移動できるのはもちろん、物の置き場所を明確にすることができるため、片付けやすいという意見が多くあります。

近年のメゾネットタイプには収納機能を重視した収納スペースも多くあるため、メゾネットタイプは一般的な賃貸物件と比較しても片付けのしやすい賃貸物件と言えるでしょう。

メゾネットタイプのデメリット

掃除が大変

メゾネットタイプのお部屋の多くは階段になっています。そのため、掃除機などで二階を掃除しようと思っても階段の上り下りの必要が出てきてしまうため、掃除の際のデメリットとなるでしょう。

普通に生活をしていると階段にもホコリや汚れは溜まります。このようにメゾネットタイプのお部屋は意外と掃除がめんどくさくなるのでこまめに掃除をするか事前の対策が必要になります。

空調がたいへん

メゾネットタイプのお部屋の一番のデメリットとしてあげられているのは空調に費用がかかるということ。

特に夏などは一階でエアコンをつけていても、熱気は上に上がる性質があるため二階部分に冷気が届くまでかなりのタイムラグが発生してしまいます。

二階に合わせてエアコンを設置するご家庭もありますが、一階に冷気が行かなかったり掃除が大変だったり…。

そのため一階と二階にそれぞれ別々のエアコンが必要になり、空調の面ではあまり優れた設計とは言えないでしょう。

インターネット回線が複雑になる

結論を先に言うとWiFiなどの無線機を利用してインターネット回線を整えることで解決はするものの、今現在メゾネットタイプではないお部屋に住んでいてネット回線を有線にしている場合は、メゾネットタイプに引っ越すためにWiFi機器を整えたり、通信環境に工夫する必要が出てくる必要がありますので、事前に電気屋さんなどで住居に合わせた回線設備を整えるようにしましょう。

引っ越しや家電・日常生活の運搬が大変

メゾネットタイプのお部屋で気をつけておきたいのは二階で日常生活を営むという場合です。

メゾネットタイプにはいわゆる「ロフト型」と「リビング型」の二つがありロフト型のように寝室だけメゾネットタイプのお部屋にあると言う場合ではなく、リビング型として二階が主にリビングとしてくつろぐようなお家の場合は、近年では家電製品などの運搬を容易にするために一階に日常で必要になるキッチンや洗濯機などが設置される仕組みになっている場合がほとんどです。

そのため、ご自身の生活から一回で使うものを二階に持ち運ぶような労力に対応できるかどうかを見極めるようにしましょう。

最高っていうけど本当はどうなの?メゾネットタイプに住む方にインタビュー!

さあ!これまでメゾネットタイプのお部屋を褒めちぎってきましたが、ヒトかつ運営部がそんなにお人好しなわけありません。

本当にメゾネットタイプに満足しているのかどうかをかなり突っ込んだところまで聞いてやろう!と思い、実際にメゾネットタイプに住む方にインタビューを仕掛けてみました!

メゾネットタイプ歴2年のEさん夫婦

夫婦で住むEさん宅はそれぞれにテレビの趣味などが違うことからメゾネットタイプに引っ越すまで二階で別々の部屋で過ごすことが多く会話も少なかったそうですが、メゾネットタイプの賃貸に引っ越してからは二階で旦那さんが旅行系の番組を観ながら一階で奥さんがドラマを観ることができるそう。

壁や仕切りはないのにも関わらず、メゾネットタイプは音が気にならない構造になっていることが多くそれぞれの趣味を楽しむことができるとのこと。

しかしデメリットとしてはメゾネットタイプのお部屋にすむために、階段のスペースをロスしてしまう分、すこし部屋が狭く感じるというデメリットが生じます。




こんな人にオススメ!メゾネット物件に適した人の特徴

それではもしあなたがメゾネットタイプのお部屋を借りる場合にどんなところに着目してメゾネットタイプを考えればいいのでしょうか?

ケース別にポイントと説明を加えて解説していきます!

一人暮らしの方の場合

・とにかくおしゃれに住みたい!
・天井の広い空間で広々と住みたい!

一人暮らしの場合はやはりメゾネットタイプのおしゃれにコーディネートできると言うポイントを重視して選ぶ方が多くいらっしゃいます。加えて高い天井で広々と感じる空間で自由な暮らしを考えている方にメゾネットタイプはおすすめだと言えるでしょう。

家族で暮らす方の場合

・階段などの作りからお子さんがある程度成長している場合
・共働きで働いている時間がお互いに違う場合
・家族で違うプライベート空間の共有が必要な場合
・来客が多い場合

家族でメゾネットタイプに住む場合はやはりお子さんの年齢によってポイントが変わってきます。たとえばハイハイができるようになった幼児期のお子さんや走り回る歳のお子さんがいる場合はメゾネットタイプにする場合にしても安全面での配慮が必要になります。

さらに、家族で共働きをしていて就寝時間が異なる場合にもメゾネットタイプのお部屋であれば相手に気を使わず休むことができたり、お互いに違うプライベート空間が必要な場合でもメゾネットタイプのメリットを最大限に引き出すことができると言えるでしょう。

そして最後に来客が多い場合です。最近ではメゾネットタイプのお部屋も増えてきており、その使い方も多種多様。自営業などで自宅でエステサロンや習い事教室をする場合でもメゾネットタイプであればプライベートを大っぴらにせずとも行うことができます。

カップルでの同棲をする場合

・お互いに違う趣味を持っている
・違うプライベート空間が必要

カップルで同棲をする場合はお金余裕があるならメゾネットタイプのお部屋はとてもおすすめです。

と言うのもメゾネットタイプはお互いに違うプライベート空間を作りやすいことが二人以上で住む場合の一番のメリットだから。たとえ恋人とケンカをしてしまった時にも一度頭を冷やして同じ空間にいながら違うプライベートタイムを持つことができます。

このように、住み方をしっかりと考えるとメゾネットは大きなメリットがありそうですね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました