【お得】冷蔵庫の1年間の電気代は1万円以下?大型ほど電気代が安い秘密

節約

結論から申し上げますと、最新型の大型冷蔵庫の場合、1年間の電力消費量は1万円以下となりました。

逆に小型の冷蔵庫ほど電気代が高くなるという結果が出ました。

どうしてそうなるのでしょうか?

それには冷蔵庫特有の秘密がありました。近年の冷蔵庫の省エネ化は著しく、各メーカが省電力化にしのぎを削っています。

電源を切ることなく使い続ける家電製品である冷蔵庫を上手に使う秘訣とともに、そんな冷蔵庫の選び方を徹底解説していきましょう!

冷蔵庫を買い替えるときには、どうしても電気代が気になりますよね!

それは、冷蔵庫が使い始めから買い替え時まで電源を入れっぱなしにする家電製品だから。エアコンやテレビのように、スイッチのオンオフをすることはまずありません。

そんな冷蔵庫だからこそ、1年間で消費する電気代を少しでも安くしたいと誰もが思います。

では、電気代が安い冷蔵庫とはいったいどのような冷蔵庫なのでしょうか?

普通、部屋を冷やす能力が高いエアコンであったり、強い風を送り出す冷風機の場合、消費電力が大きくなり電気代もその大きさに比例して高くなります。しかし、冷蔵庫の場合は冷やす空間が大きい大型冷蔵庫の方が電気代が安いのです。

では、少人数のご家庭ではどんなサイズの冷蔵庫を選べばいいのでしょうか?

ここでは、そんな大型冷蔵庫の電気代が安くなる理由家族構成に合わせた最適な冷蔵庫の選び方も一緒に解説していきます。

これから冷蔵庫の買い替えを予定している人はもちろん、冷蔵庫の電気代を節約したい人も、ぜひ参考にして下さいね!

大型の方が電気代が安い?冷蔵庫の1年間の電気代を計算してみました!

日々の生活に欠かすことのできない家電製品である冷蔵庫。

その電源は、余程のことがない限り次の冷蔵庫を買い替えるまで切ることはありません。実際に、冷蔵庫は家庭内で一番電気の消費量が多い家電製品といわれています。

そんな冷蔵庫の電気代ですが、1年間でどのくらいかかっているかをご存知の人は少ないのではないでしょうか?

ここでは冷蔵庫のサイズ別に1年間の電気消費量から電気代を計算して、どのような差が出るかを比較してみましょう。

冷蔵庫の年間消費電力をサイズ別で比較

年間消費電力量は、日本工業規格JIS C9801:2006「家庭用電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の特性及び試験方法」に基づき測定された年間消費電力量(kWh/年)を整数で表示しています(定格周波数が50ヘルツ・60ヘルツ共用のものは、それぞれの周波数で測定した数値のうち大きい方とします。また、切替室があるものは、それぞれの状態で測定した数値のうち大きいものとします)。

※省エネ性能カタログ夏版・冬版の単純平均値 出所:省エネ性能カタログ

出典:価格.com HPより

上のグラフからも分かるように、冷蔵庫の電気消費量は大型の物ほど少ないことが見て取れます。

これは、大型の冷蔵庫ほど高性能のインバーター制御装置や断熱効果の高い構造にできるというメリットを最大限に活かしているからです。

小型の冷蔵庫では、その価格やスペースの問題から省エネ機能を活かしきれない問題があるのです。

冷蔵庫のサイズ別の電気代を計算

では、実際に電気代をシミュレーション計算してみましょう。

(※条件として1kwhあたり27円で計算し冷蔵庫の使用条件は同じとする)

基本の電気消費量はグラフの2014年度を採用します。2020年現在の冷蔵庫もほぼ同じ程度の水準。

  • 250Lサイズの年間消費電力量=364kwh
  • 350Lサイズの年間消費電力量=355kwh
  • 450Lサイズの年間消費電力量=258kwh
  • 501Lサイズの年間消費電力量=247kwh

となっています。

これで計算すると

  • 250Lサイズの年間電気代は364kwh×27円=9828円
  • 350Lサイズの年間電気代は355kwh×27円=9585円
  • 450Lサイズの年間電気代は258kwh×27円=6966円
  • 501Lサイズの年間電気代は247kwh×27円=6669円

となります。

このように、冷蔵庫の年間の電気代は大型ほど安くなっているのです。

冷蔵庫の購入の際には、小型の方が電気代が安そうと思って人数に見合わないサイズのものを購入すると、逆に電気代が高くなるので注意しましょう。

冷蔵庫のサイズの選び方とは?家族の増減も視野に入れて考えよう!

では、実際の家族構成に合った冷蔵庫の選び方を解説していきます。

新しく冷蔵庫を買い替える人、また新たな家庭を持つために冷蔵庫を購入する人などその動機は様々。

2人で老後の暮らしを楽しむ夫婦と、同じく2人で暮らしを始める新婚夫婦では購入すべき冷蔵庫も変わってきます。

自分のライフスタイルにあった冷蔵庫を選んで、無駄なく快適に過ごしましょう。

2人暮らしの冷蔵庫サイズの目安

新しく2人で生活を始める場合、どれくらいの冷蔵庫を買えば良いか迷いますよね。

そこで、基準にしたい数式があります。それが、家族の人数×70L+150L(常備品分)+100L(予備スペース)という数式です。

老後を過ごす夫婦であれば、2×70L+150L+100L=490L以上のサイズの冷蔵庫で余裕ができます。

しかし、これから家族が増えることが見込まれる新婚夫婦の場合は違います。

同じ490L以上のサイズであれば、新しい家族が増えると足りなくなるからです。

家族計画により、さらに100L~150Lの余裕のあるサイズを購入しておいた方が安心です。

でに子どもさんもある程度大きくなり、これから家族が増えることがない時には公式通りの大きさで良いでしょう。

また、それ以外にも、家族構成とライフスタイルによっても冷蔵庫のサイズ選びは変わります。

1人暮らしの冷蔵庫選び

1人暮らしの場合は、数式通りの計算では320L以上の冷蔵庫が適正になります。

しかし、1人暮らしの生活では、人によっては外食が多くなる傾向が強くなり、その場合は大きな冷蔵庫は必要ないかも知れません。

特に学生さんのように、学食やアルバイトの影響で外食やコンビニ弁当などが多くなると小型の冷蔵庫で十分足りるでしょう。

このような場合に大きな冷蔵庫を購入すると、電気代は割安でも冷蔵庫本体の購入にお金がかかり、結果的には割高になってしまうということになりかねません。

このように冷蔵庫選びは単純に人数で選ぶのではなく、自分の家族のライフスタイルによって考える必要があります。

もしも冷蔵庫選びに迷ったときは、販売店の信頼できる店員さんに相談してみるのも良いでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました