【実験】オール電化とガス併用を徹底比較!口コミからわかるお得なエネルギー活用法を紹介!

ガス

オール電化とガスの併用はどちらがお得なのか?

この問題は節約業界で永遠の謎となりつつありますよね。

しかし、この問題を解決せねば家を買うのも借りるのも「もっと節約できるかもしれない…」と考えながら毎日を過ごさなければならないことも。

オール電化とガス併用の問題、実はもう答えが出ているはご存知でしたか?

こんにちは!ヒトかつ編集部です!

今回は節約業界で待ったがかからない永遠の悩み、「オール電化vsガスの併用」に終止符を打つため、小難しい理論などではなく実際にガスを併用した人の意見オール電化をしている人の意見をもとに、どんな状況ならどちらの方がお得なのかを徹底解明していきたいと思います。

結構長い記事ですが、可能な限りわかりやすく書いていますのでぜひ参考にしてお得な毎日を実現させましょう!

結論!状況によってオール電化かガスの併用を選ぼう

冒頭から結論を申し上げましたが、オール電化とガスの併用は状況によって得をする場合も損をする場合もあります

本ページではあなたが今生活をしている状況でどちらの選択肢がいいのか?

オール電化とガスの併用どちらがいいのかを解説していきます。

オール電化とガスの併用はどっちがお得なの?各ポイントでチェック!

オール電化の初期費用

オール電化にする初期費用は最低で60万円程かかり、さらにメンテナンス費用も必要です。

トータルでどっちがお得?

もしも都市ガスが引いてある建物であれば、ガスとの併用がおすすめです。

しかし、極端にプロパンガスが高い地域の場合はオール電化が安くなることもあります。また、高層住宅などでオール電化しか使えない場合は、損得ではなくオール電化一本になります。

長い期間で使うならどっちの方がお得?

期間に関係なく、都市ガスがあるならガスとの併用が断然お得でしょう。

プロパンガスが高い地域はオール電化の方がお得になることもあります。

ガスも併用できるような環境がベスト!

このように、プロパンガスが高い地域は光熱費が高くなります。できるだけ、都市ガスのあるエリアを選ぶようにしましょう。

オール電化のメリット・デメリット

オール電化かガスの併用か、選ぶ際にはオール電化のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

オール電化のメリット

基本料金がまとまる

ガスの併用をしていると電気料金とガスの基本料金といった2つの基本料金がかかってしまいます。そのため

安全性が高い

オール電化はガスのように直火を使うことがなく、決められた調理器具に反応しない場合は電気が通ることもないため火傷などの心配もありません。

現在のところ、IHによる怪我なども報告されていないことから安全性は非常に高いと言えるでしょう。

お湯や暖房を安く使うことができる

オール電化は他の電気料金と違ってオール電化の電気料金プランがあるため、基本的に夜は割安に昼は割高になるように電気料金が設定されています。

しかし、給湯器や暖房は昼も夜も使うことが多くあるため、電力会社側にの配慮として暖房機器や給湯器は夜の割安の料金が適応されるため、ガスや他の電気機器と比較しても安く使うことができます。

オール電化のデメリット

停電時に何も使えなくなる

オール電化では停電した時に何も使えなくなってしまいます。オール電化は電気供給のみにエネルギーを頼っているので、停電した際は他のエネルギーに頼るための準備が必要になってしまいます。

電気代が時間によって高くなる

オール電化の電気料金はガス併用の電気料金とは異なるのが一般的です。

オール電化の場合電気料金は夜が安く日中は高くなってしまうプランが多くあり、オール電化に関係のないエアコンやテレビといった料金までプランに則って高くなってしまうため、ガス併用と比べると電気代が高くなってしまう傾向があります。

オール電化の電気プランは暖房のみ配慮がされており、暖房を使うときだけ時間に関係なく夜の料金として計算されます。

設置などの初期費用が高い

オール電化はこれまでガスを使っていたものが電気で使えるようになる反面、それに対応した機材が必要になります。主に本体費用と設置費用です。

ガスの場合はすでに本体が設置された状態で始まるためそれらに費用はかかりませんが、オール電化の場合はこのような初期費用が費用がかかってしまいます。

IHクッキングヒーターは調理できる器具が限られる

IHクッキングヒーターを使用する際には、IHクッキングヒーターに対応した器具が必要になります。

IH対応の器具は他のガス火器具より値段が高いこともあり、それらの費用を合わせると「思ってたよりも費用が必要…」ということになりかねません。

加えて直火だからできる料理も少なくありません。料理が趣味や、普段からよく料理をするといっ方は別に簡易的なガスコンロを持っておく必要もあります。

ガスのメリット

では次にガスのメリットとデメリットを見ていきましょう。

都市ガスを利用する

ガスは都市ガスであれば安く利用でき、都市ガスは日常で使うことができるエネルギーのなかで最もエネルギーコストが安いです。

初期費用がない

ガスはもともと備え付けられているエネルギー源であるためガス会社の方にガスを開通してもらった直後にガスを使うことができ、ガスの開通に料金もかかりません。

停電の時でも調理などができる

もしもの停電の際にも調理やお湯を沸かすことは可能です。

蝋燭やランプがあればガスで火をつけて明かりを確保することなども可能ですが、お風呂や給湯といった面ではガスを使うのに電気が必要になることもありますので、万能というわけではないことを覚えておきましょう。

料理の幅が広がる

やっぱり料理は直火が一番です。ただし、直火の料理は火災や火傷の原因にもなりますので、くれぐれもご注意をお忘れなく!

オール電化の初期費用は?費用の詳細を紹介!

オール電化設置の際の初期費用はおよそ60万円ほどです。

オール電化の最大のデメリットであるこの初期費用と停電時の対応ですが、最近になってオール電化の料金体制を変化して一般家庭にも普及しやすくなっています。

長期分割払いで計画的に

オール電化の導入を進めている企業の中には最大180回払いの長期分割払いが可能になっている企業もあります。

リースをすることでお得にオール電化も

さらにオール電化に必要なエコキュート やIHクッキングヒーターをリースで貸し出すことが可能になっています。

リースは月々4,000円〜になっており、エコキュートのみやIHクッキングヒーターのみを貸し出すことが可能になっているため料金体制を考えながら、オール電化とガスの併用を可能にしています。

リースのメリットは他にも修理が無料なポイントや家計を見直すための短期的な利用も可能になっているため、新築を建てた家庭の方々の光熱費削減にもおすすめの方法になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました