【理由】福岡はなぜ家賃が安い?デザイナーズやタワマンの安い物件を紹介

住居・お部屋

少しでも安い家賃の家に住みたい!

そんな願いは誰でもありますよね。そんな願いを叶えるには「福岡県」に移住することがおすすめです。

福岡では人気のデザイナーズマンションやタワーマンションが東京と比較して1/3ほどの値段で賃貸を借りることができます。

どうして福岡はこれほどまでに家賃が安いのでしょうか?

ここでは、そんな福岡で家賃が安い理由を解説していきたいと思います。

どうして家賃が安い?福岡で家賃が安い理由とは。

福岡の家賃が安い理由は『人口・面積に対して賃貸物件の数が多いから』&『地方だから』という2つの理由です。

以下をご覧ください。

人口
東京 927万3000人
福岡 153万9000人
面積
東京 2,194 km²
福岡 4,987 km²
賃貸数
東京 80万件
福岡 23万件

人口と賃貸物件数の割合は東京が8%。福岡が15%になります。

東京は100人に8人が賃貸物件を借りれますが、福岡は100人に15人が賃貸物件を借りれるわけです。

つまり、東京と比べて福岡は賃貸物件の数に余裕があるということ。

これが福岡の家賃が安い1番の理由ですね。

しかし、家賃が安いだけでは意味がありません。

以下では福岡の安い家賃の物件の「質」を確認していきましょう!

質も良い!福岡の物件を覗き見

結論から言いますと、東京も福岡も物件の質に変わりはありません。

どちらも素晴らしい物件がたくさんあります。にもかかわらず、福岡は家賃が安いのです。

そこで実際にここでは、福岡のデザイナーズ物件やタワーマンションなどをすこしだけ、ご紹介していきます。

※勝手に著者が主観的に良いと思った物件を紹介しています。

まずはこちらの「ラクレイス西新レジデンシャルタワー」です

気になる家賃ですが、3階の1LDK(37.92㎡)の5万7000円が最低家賃

最上階の29階、3LDK(112.20㎡)と3LDK(111.96㎡)の2部屋が月額40万円で最高家賃。

一つ下のフロアの28階は2LDK(57.31㎡)の16万9000円から2LDK(57.84㎡)の18万3000円。

24階の1R(36.33㎡)の家賃は9万5000円。

続きましては「RJRプレシア博多駅前」

こちらの35.95㎡の1LDKのお部屋で月7万5000円から。

いかがですか?

これらのお部屋、東京なら倍以上するお値段かと思います。

結論。福岡は質の良い物件がめっちゃ安い【東京の6割ほどの家賃】からおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました