【音漏れ防止】家で楽器を演奏するなら部屋のどこ?場所で変わるお部屋の防音性を解説!

住居・お部屋

お家で楽器をやっている人なら誰でも一度は気にしたことのある「楽器の音漏れ」

近隣の住民から苦情を恐れて小さな音で楽器を弾いたり、時間帯を気にしながら演奏している方もおおいですよね。

にもかかわらず苦情が来てしまうことがあるのは、家で楽器を演奏する人にとってはどうしようもない宿命…

お家での気兼ねなく楽器を演奏したいのに、なかなかそうはいかない状況ですよね。

そこで今回は、お家の構造の観点から「お家のどんな環境で楽器を演奏すると一番音漏れがしないのか」というテーマを中心に、お部屋の防音性について解説していきます。

防音対策は無駄?あなたがやっている無駄な防音対策の真実とは

楽器を演奏するために様々な防音グッズを購入しては、効果を感じずクレームが止まらない。

マンションやアパートに関わらず一軒家でもそういった音漏れのクレームは発生するもの。

筆者自身も、アンプの下に防振マット。カーテンには防音カーテン。様々な防音対策をしたもののクレームが止まらずあえなくスタジオ通いになってしまいました…

しかし、音漏れはただ防音グッズを使うだけで防げるものではなく、様々な環境や周辺状況に影響されてしまうものです。

防音対策、原理しらないと無駄。場所や方角などを理論的に証明。

防音グッズは正しい環境で正しい方法で使わなければ、効果を発揮することができません。

このように音漏れは防音グッズだけで解決するものではなく、原理・原則に則った防音対策を応用していく必要があるのです。

そこで実際に以下では防音のための知らないことで解決しない、音漏れの原理原則を解説していきます。

音が伝わる仕組みを知ろう!音が漏れる原理原則とは?

楽器を演奏する際の防音対策をする場合は、まず音がどのように伝わるのかを知ると良いです。

なぜなら、原理・原則を知ることで他の場所でも理論を応用して防音することができるからです。

伝わる音には2種類「固体音」と「空気音」があります。

空気音とは?

音が漏れる理由は音が何かを伝って外に出ているからです。

空気はその代表格であり、一番騒音の原因になっている条件になります。

音漏れになっている

固体音とは?

固体音とはその名の通り、音が固体を通じて伝わる音のことをいいます。

代表的なのは、ドラムやピアノといった打楽器(弦打楽器)系の楽器はそれから発せられる空気音に加えて固体音も下の階などに響くために2つの音の対策が必要になります。

基本的に楽器や家電から発せられる「振動音」が、固体音として響くことが多いです。

基本的に物体から発せられる振動を固体音として騒音になることが多いのですが、空気音として壁や床に伝わった音も、固体音として騒音の原因になり得ます。

つまり、音を発するものは空気音と振動音として騒音の原因になることが多いため、両方の対策が必要になってきます。

固体音と空気音どちらがうるさい?

結論から言うと固体音の方が騒音として計測されることが多いです。

建物の作りにもよりますが、木造の場合の方が固体音が響きやすいです。その大きさ鉄筋コンクリート造りと比較して約15倍

木造は固体音・空気音と両方の音が伝わりやすく、空気音として発生した音も壁や床などの木材に伝わり結果的に固体音として響くことが多いため、固体音の方がうるさいと言えます。

固体音として響きやすい楽器はピアノやドラムといった打楽器系(ピアノは弦打楽器)の楽器は固体音として下の階に響きやすいです。

このように音の種類には空気音と固体音が存在するということをお話ししましたが、なぜこの2つを知ることが大事なのか。

ここからはかなり読む人が限られてしまうかもしれませんが、

おそらくこの記事を読んでくれている人はドラム演奏者の方が多いのではないでしょうか?

「ドラムをしたいけど普通のドラムは音がうるさいから、電子ドラムならいけるんじゃないか?」

そう考えてる方も少なからずいることでしょう。

こういった方に少し衝撃を伝えておきましょう。

ドラムも電子ドラムも、ドラムから出る固体音はほとんど一緒です。

わかりやすく言えば「ドンドン」「バンバン」といったドラムを叩く際にでる振動音は、電子ドラムであっても下の階の人にしっかり伝わってしまっているわけですね。

それではドラムを叩く人は家で練習はできないのでしょうか?正直容易なことではないですが、しっかりと対策をすることで家でもしっかりドラムの練習をすることはできます。

それでは以下では楽器別に、起きる騒音の防止と対策方法について確認していきましょう!

ドラムを家で演奏するなら?ドラムの騒音対策と防止方法をチェック!

まずドラムを家で練習するなら電子ドラムにしましょう。これは家でのドラム演奏での必須条件だと言えます。
防音室などの特殊な防音設備がない、一般的なお家の場合はまず電子ドラムじゃないと厳しいでしょう。

根本的な防音対策は「吸音材+遮音カーテン+防振マット」でOK

それでは最後に固定の楽器がない方向けに、最低限こんな感じの防音対策ができてればベストだよ!という内容の防音対策法をご紹介したいと思います。

ここでは具体的なグッズをもとに防音対策について解説していきます。

吸音材と遮音カーテン

よく遮音材と吸音材の定義がわからないまま防音対策をしてしまう方がいらっしゃいます。

両者の違いを簡単に説明すると、

吸音材は中から外への騒音に対する防音対策。

遮音材は外から中への騒音に対する防音対策。

になります。

固体音と空気音のお話をした通り、空気音が発生した時には必ず固体音が発生します。

遮音カーテンをしていると、部屋の内側から発生した音が遮音カーテンによって跳ね返り、跳ね返った音を吸音剤が吸収するという仕組みが成り立ちます。

こうすることで、空気音として発生した音も固体音として発生した音も両方の防音対策ができるのです。

振動のする楽器は防振マットを使おう

防振マットも防音対策にはもってこいのグッズです。

多くの楽器は何か音を出すために物体を揺るがせ音波を出させていることが多くあります。ピアノやドラムといった楽器は叩く作業によって音波を出すため想像しやすいですよね。

それ以外にもエレキギターエレキベースであればアンプなどが該当し、振動を発生させる楽器の下には防振マットを敷いておくことがおすすめです。

ぶっちゃけ、家の造りによっては防音しても意味ないかも…

最後の最後にぶっちゃけてしまってすみません…

家が木造建築や軽量鉄筋造りの家であれば、しっかり防音対策をしても効果があまり見られないことがあります。

しかし、これは言い換えればしっかりとした家の造りであれば特に防音対策をせずとも苦情がくることはほとんどないということです。

実際に著者である私は、マンションに住んでおり、ピアノもギターもかなり大きな音で演奏していますが、苦情が来たことは一度もありませんでした。

それはそのマンションが鉄骨鉄筋コンクリート造りだったからだと思います。

【関連記事】壁の薄い物件の見分け方はある?壁を叩くだけですぐにわかる防音物件の調べ方を徹底解説!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました