一人暮らしの洗濯いつで頻度は?朝がおすすめの理由と上手な洗濯術を公開!

一人暮らし




一人り暮らしを始めた皆さん!洗濯はちゃんとしていますか?

私が一人暮らしを始めた頃は、洗濯を全くせずにパンツによくカビを生やしていました…(ドン引き)

こんにちは!ヒトかつ編集部です!

今回のテーマは、「一人暮らしでは、1日のいつに洗濯をすればいいのか?」と「週に何回の頻度で洗濯が必要なのか?」と言う項目について、100人の一人暮らしプレイヤーを調査して参りました!そして、めんどくさい一人暮らしの洗濯をどうすれば早く、簡単に、丁寧に終わらせることができるのか?も合わせて調査。

ここでは、

・みんなはいつ洗濯してる?まずは統計をみてみよう!
・ 一人暮らしでの洗濯するタイミングはいつがいい?
・ 洗濯はいつ?夜がダメなら朝がおすすめ!その理由は?
・ 私はこれで楽になった!これをすれば簡単に終わる洗濯方法!

を詳しく解説していきます。

この記事を参考にすれば、一人暮らしの洗濯を安全かつ簡単にできるので、ぜひじっくりと読んで下さいね!




洗濯はいつしてる?まずは統計をみてみよう!

皆さんと同じ一人暮らしの方々はいつ洗濯をしているのでしょうか?統計を見てあなたにあった選択の時間を見つけていきましょう。

3パターンに分かれる一人暮らしの洗濯の時間

生活仕様にもよりますが、昼は仕事や学校という方が多いので、洗濯の時間は朝か夜の2パターンに分かれます。

今回の調査でわかったのは、

・32%が朝
・25%が夜でした。
・43%が休みの日の昼ごろにやってしまう

という結果でした!

それでは、それぞれの詳細を見ていきましょう。




朝の場合の時間帯は7時〜8時

洗濯を朝する層の平均的な時間帯は7時〜8時の間でした。

やはり7時や8時と言った時間は通学や通勤などの出かける前に洗濯してしまうことが多いようです。

調査を続けた中には、朝が弱いために6時半ごろに洗濯機の予約機能を使っているという方も多くいらっしゃいました。

休みの日にまとめて洗濯する場合は「休みの日の昼」が多い

一番多かったのはこのパターンでした!休みの日でもなぜかみなさん土曜日の昼頃に洗濯するとのこと。洗濯する時間帯は「だいたいお昼に起きるから昼頃」とのこと。

リアル。笑

でも確かに、この時間であればなんの問題もありませんね!

夜の場合洗濯はいつ?

夜に洗濯機をかける方のほとんどが22時ごろでした。

その理由は、「22時以降だと音がうるさくて申し訳ないから…」「22時以降に洗濯して苦情がきたことがあるから」とのこと。帰りが遅くなり23時以降に洗濯機をかけると苦情がきたという経験があるようです。

一人暮らしでの洗濯するタイミングはいつがいい?

それでは、実際に一人暮らしで洗濯をするのはいつがいいのでしょうか?

結論から申し上げると一人暮らしの洗濯物は

・ベランダ干しの場合は『朝』
・室内干しの場合は絶対に『夜』

やるべきです。

その理由は3つで、衛生面・時間・手間です。




衛生面

・ベランダ干しの場合

ベランダ干しの場合は直接日光に当たるため雑菌の繁殖を抑えることができますので、朝干して夕方にかけて取り込むと言う形がオーソドックスです。

しかし、近年はセキュリティー上の問題も多く、一人暮らしでベランダ干しはあまりおすすめできません。特に学生で一人暮らしをしている女性の場合は、アパートの低層階では窃盗のリスクを考えても部屋干しの方が安心です。

・室内干しの場合

部屋干しの洗濯物は、朝に洗濯して夕方から夜に取り込むという方がほとんどだと思います。しかし、これは衛生的にあまりよくありません。

湿度などにもよりますが、洗濯物はおよそ5時間ほどで乾きます。朝干した場合、せっかく乾いた洗濯物が部屋の湿度によって再び湿ってしまい、雑菌が繁殖することがあります。加えて昼間は部屋に日光が当たり温度が上昇してしまうため、なま乾きの洗濯物から悪臭が発生していまうのです。

したがって、部屋干しの場合は家に帰ってすぐに洗濯を始め、寝る前に干して、朝に取り込むのがベストといえるでしょう。

もしも、あなたの使っている洗濯機に『風乾燥機能』があれば、通常の洗濯脱水よりも早く乾かせて、臭いのリスクも軽減できますよ!

詳しくは→洗濯機の風乾燥は電気代が安く嫌な臭いも軽減できる便利な機能

夜洗濯するなら何時まで?近所から苦情が来ないように配慮しましょう!

もし夜に洗濯をする場合は何時ごろまでがマナーなのでしょうか?

夜に洗濯する場合は夜の7時〜9時までに洗濯をしてしまうのがおすすめです。

とは言え、夜に洗濯が原因で近所トラブルになってしまうのは洗濯機が安定せずに揺れてしまうことから来る騒音がほとんど。

でも、洗濯機の底にゴム製の防音マットを敷いたり、揺れる洗濯機が当たる箇所にクッションをあてて対策すれば、夜でも洗濯ができるようになりますよ!

関連記事:洗濯機の騒音対策はこちら

夜に洗濯ができない場合は朝にする!メリットはあるの?

一人暮らしの洗濯は夜が一番おすすめですが、それがダメなら朝でもOK!その理由は3つ。

1.みんな洗濯する時間だから

みんなが朝に洗濯をするメリットは、騒音にならないということ。

実はアパートの騒音理由の35%が洗濯機の音であり、夜に洗濯機を回すとアパートの場合は特に響いてしまうことが多く、ご近所トラブルになりかねません。

2.朝の外干しは衛生的に良い

一人暮らしで朝に洗濯をするおすすめの理由は、洗濯物に日光を当てることができるから。

洗濯物を室内干しする場合には、どうしても部屋の湿度が高くなってしまうため、あまり衛生的にはよくありません。かといって、一人暮らしの外干しは窃盗などのリスクがあります。

そこで、室内干しを朝早くにすることで

・洗濯物を外気にふれさせることができる
・少しでも太陽に当てることで殺菌処理が可能

なのです。

3.夜に干していると防犯上よくない

下着泥棒の被害は夜に多い。特に下着泥棒や女性の一人暮らしの家屋侵入といった犯罪被害から身を守るためにも、夜より朝に洗濯物を干すことが有効になります。

私はこれで楽になった!これをすれば簡単に終わる洗濯方法!

乾燥機付き洗濯機を買った

乾燥機付き洗濯機を買うと、洗濯物を干す必要はありません。

これが乾燥機付き洗濯機↓

この洗濯機は洗濯が終わった後に、洗濯物が全て乾燥するまでをやってくれるため、あとは畳むだけが仕事になります。

週末にコインランドリーでまとめて洗濯

コインランドリーの洗濯機はほぼ全て乾燥機がついています。

普通の洗濯機より高価である乾燥機付きの洗濯機を買えない場合は、コインランドリーでまとめて洗濯することも方法の1つに。

コインランドリーにかかる料金はキロ単位で代わりいかが目安になります。

洗濯物の容量 料金の目安
6~10キロ 400~500円
11~15キロ 500~600円
16~20キロ 700~900円
21キロ 800~1100円

ハンガーのままで収納する

ハンガーラックやクローゼットなどの収納スペースがある場合は、ハンガーのまま服をしまうのもおすすめ。服をたたむという面倒な時間が大幅に短縮できるだけでなく、洋服の型崩れやシワも防げます。

上手に洋服を収納できるハンガーなどもあるので、そんな便利グッズを活用するのもよいでしょう。

一人暮らしの洗濯は朝がおすすめのまとめ

いかがでしたか?このように、洗濯をする時間は朝も昼もメリットとデメリットがあります。

一人暮らしでは、外干したまま出かけるのに抵抗がある。きっとそんな方も多いことでしょう。

一人暮らしの洗濯で気をつけてねポイントは『衛生面』と『防犯対策』ですので、あなたの生活スタイルに合わせて、上手に洗濯方法を選択してくださいね!

ヒトカツでは、一人暮らしの掃除術も分かりやすく解説していますので、ぜひ読んでみて下さいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました