ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

節約 費用

ガスと電気はどっちが安いか比較!光熱費の節約にはどっちがお得?

みなさんこんにちは!ヒトカツ運営部です。

どうせ光熱費で使うなら、ガスと電気、同じ量を使って安いのはどっちだろう?

そう考えたことはありませんか?

結論を先に言うと、ガスと電気を比較すると、ガスの中の都市ガスを使うのが一番安いです。

しかし昨今では、これまでガスを使うのが一般的と言われてきた給湯器やガスコンロなども、エコキュートやIHなどを代表する電気製品に変わりつつあり、おうちの安い電気は光熱費に大きく影響しています。

そこで今回は「ガスと電気はどっちを使う方が安いのか?」ということをテーマに

①ガスと電気の料金の決まり方
②ガス製品と電気製品の料金比較
③あなたにはガスと電気どちらが向いているのか

という3つの項目を順に紹介しながら

ガスと電気のメリット・デメリットについて解説していきます。

Contents

ガスと電気どっちを使う方がお得?オール電化とガスと電気の併用を比較!

結論から先に申し上げます!

オール電化とガスと電気の併用を比較したところ、

家族が4人以上の場合はオール電化の方が安く、

2人までならガスと電気の併用の方が安いことがわかりました。

 

以下の表をご覧ください。

オール電化の光熱費

人数 ガス代 電気代 光熱費
1人暮らし 0円 10,751円 10,751円
2人暮らし 0円 12,904円 12,904円
3人暮らし 0円 14,454円 14,454円
4人暮らし 0円 14,914円 14,914円

※基本料金込み

 

ガスと電気の併用の光熱費(都市ガス)

人数 ガス代 電気代 光熱費
1人暮らし 2,320円 5,230円 7,550円
2人暮らし 3,866円 9,559円 13,425円
3人暮らし 4,692円 10,144円 14,836円
4人暮らし 4,995円 11,843円 16,838円

※基本料金込み

こうみると、3人家族の場合はオール電化にすべきかガスと電気の併用をすべきか悩んでしまいます。

しかし、4人以上の家族で、ガスがプロパンガス(LPガス)しか使えない場合は、オール電化の方が月に5,000円以上お得ということがわかりました。

以下と比較してみてください。

ガスと電気の併用の光熱費(LPガス)

 

人数 ガス代 電気代 光熱費
1人暮らし 4,094円 5,230円 9,324円
2人暮らし 8,593円 9,559円 18,152円
3人暮らし 7,311円 10,144円 17,455円
4人暮らし 8,734円 11,843円 20,577円

※基本料金込み

あなたの家庭はオール電化とガスと電気の併用、どちらの方がお得でしたか?

以下では、環境的な面や使う製品の違いで、ガスと電気どちらの方が向いているのかを解説して行きます。

ガスと電気の料金の決まり方を紹介!時間と地域で決めるべし

そもそも電気代とガス代の料金はどのようにして決まるのかでしょうか?

それはズバリ

ガスは地域と時間帯電気は時間帯です。

ガスは使う地域と使う時間帯によって料金が変わり、電気は使う時間帯によって料金が変わります。

それでは実際に電気とガスの特徴を見ていきましょう。

電気の料金の決まり方

電気はライフラインの中で、最も使う資源であり、一人暮らしが初めてと言う方でも使いやすいと感じるものでしょう。

しかし、電気は時間使用する電化製品に強い影響を受けます。

主に電気代が高くなる時間帯は8時〜17時まで
  電気代が安くなる時間帯は17時〜翌の8時まで。

この時間は電気代が安いと言われている17時〜翌の8時までの電気代と比較して平均して約2倍になることも多くあります。

この法則は電力会社によって異なりますが、例えば、電力会社Aのプラン内容では

8時〜22時の時間帯 80キロワット 80キロワット〜200キロワット
料金 毎時25円 毎時34円
22時〜8時の時間帯 キロワット関係なし キロワット関係なし
料金 毎時12円 毎時12円

このように、電気代が大きく変化します。

電気のメリット

電気を家庭資源として使う一番のメリットは安全性です。

中でもIHクッキングヒーターは触れても火傷はしませんし、プロパンガスのように何かの影響で爆発してしまう恐れもありません。

加えてエコキュートでは、深夜の安い電気代の時間を使って作られたお湯を利用することができるため安い料金で電気を使うことができ、太陽光発電などをしているお家では自家発電ができます。

安い電気料金は光熱費削減には最適の資源と言えます。

電気のデメリット

エコキュートやIHクッキングヒーターを使うにあたっての最大のデメリットはやはり停電時でしょう。
電気のみで動いている製品のため停電してしまうと電気製品が一切使うことができなくなります。

そのほかにも、電気製品は初期投資が数十万円かかってしまい、安いとは言えない点。
衛生面でそのままお湯を飲むことができない点などが挙げられます。

ガスの料金の決まり方

ガス代は電気のように時間による料金の制約はありませんが、地域ガス会社に大きく料金が左右されてしまいます。

ガス代が高い地域って?

ガスを使うにあたって言われる「地域」というのは、都市ガスが使えるエリアのことです。

一般的に都市ガスが使えない場所ではプロパンガスが使われることが多くあります。

つまり、都市ガスを使うかプロパンガスを使うかで大きくガス料金に差が生まれてくるのです。

では、都市ガスとプロパンガスでは、ガス料金にどれくらいの差が生まれるのか?

以下をご覧ください。

・都市ガス代 1キロワット使用する場合の一時間のコスト(1kWh) 約29円
・LPガス代 1キロワット使用する場合の一時間のコスト(1kWh) 約50円

この1kWh(キロワットアワー)というのは1キロワットのエネルギーのガスを一時間使った際の単位になります。

計算式は【コンロのキロワット数×1キロワットのコスト×時間】。

標準のコンロの標準消費電力は2,79キロワットです。

それを1時間使った場合【2,79×29×1】ということで、都市ガスのガス代は1時間80円ということになります。

しかし、プロパンガスの料金は都市ガスの1,7倍ですので1時間で136円になり、プロパンガスと都市ガスでは1ヶ月で1680円の差が生まれることになります。

ガスのメリット

ガスのメリットは何と言ってもその都市ガスの安い料金にあると言えるでしょう。

プロパンガスのメリットは震災の時でも利用ができるライフラインの強さにあると言えます。

実際にプロパンガスのおかげで震災の際に、様々なライフラインが断たれた中でもプロパンガスだけは使うことができるため、その利便性は計り知れません。

ガスのデメリット

ガスのデメリットは都市ガスの場合地域によって使えないため、利用の利便性にバラツキが出ます。
プロパンガスのデメリットはその利用料金の高さでしょう。

都市ガスと比較してプロパンガスは最大で3倍もガス料金が変わってくるため、全てのガスが安い料金で使えるわけではありません。

ガスと電気が共通して高くなる場合

①季節によっても変わるガスと電気

ガスと電気は季節によって変わります。

というのも、ガス代と電気代の両方とも冬の方が高くなりますよね。

つまり、冬が一番光熱費の需要が高いということです。

ガス会社や電力会社はこの季節にガス代と電気代を値上げすることが多く、どうしても冬はガス代と電気代を含めた光熱費が高くなってしまいがちです。

供給会社によっては冬用のプランが多くありますので、ご家庭のライフスタイルにあったプランを契約して安くしていくことがおすすめです。

②会社によっても変わるガスと電気の料金

今では、電力会社もガス会社も両方のエネルギーを提供することができるようになってきています。

地域によって、使うことができる電力・ガス会社が決まってきてしまうことが多いので、ガスと電気の節約は使うエネルギー量で調節するしかありません。

しかし、現在では電力&都市ガスの自由化が進んでいるため比較的安いとされている電力・ガス会社を選んで節約していくことができます。




ガス製品と電気製品はどっちが安い?光熱費が安いのはガスという事実

それではここでは具体的に、電気製品とガス製品ではどちらが安いのか比較してみましょう。

電気ケトル VS ガスとヤカン

速いのはガスとヤカン

電気ケトル VS ガスを使って沸かすヤカンではどちらの方が早いのか、結論はガスとヤカンです。
ガスの火力にもよりますが、直接火でヤカンで沸かすとなると水が熱湯に変わる時間は約1分40秒でした。

しかし電気ケトルの場合は3分25秒ほどかかってしまうため、この場合はガストヤカンの方が早いことがわかりました。
それでは光熱費で比較した場合はどうなるのでしょうか?

光熱費が安いのはガスとヤカン

光熱費で比較した場合は電気ケトルの方が安いです。
電気ケトルの場合一回に1リットルの水を沸かすのにかかる金額は3.38円。

ガスとヤカンの場合はヤカンの容量にもよりますが電気ケトルと同じ容量の水を沸かすと2.22円になり、光熱費でも早さでも、ガスとヤカンを使う方が安いことがわかりました。

エアコン VS ガスストーブ

光熱費はガスストーブが安い

ガスストーブの一時間の使用料金は11.6円、エアコンの場合は14.3円になっているため料金の差は一目瞭然。

しかし、ガスストーブもエアコンも設置自体にお金がかかってしまうことが多く、無理にガスストーブにするのはかえって費用がかかってしまうため、注意が必要です。

都市ガスがない場所はどうしたらいいの?

それでは都市ガスがない地域はどうやってガス料金を節約すればいいのか?

実は、電気は2016年に自由化、都市ガスは2017年から自由化(プロパンガスは元から自由)しています。

つまり、安い電力会社、安いガス供給会社を自分で選ぶことができるのです。
自由化が進んでいるため都市ガスがない地域でも、都市ガスを繋いで都市ガスを使うことは可能になっています。

しかし、一人暮らしの賃貸の場合は、ガスの決定権は主に大家さんにありますので、賃貸を借りる前には都市ガスかプロパンガスかを確認して借りることがおすすめ。

ガスを使うにも電気を使うにも各供給会社の料金をしっかり確認して決めることが、月々の光熱費の節約につながるのです。

それではすでに安い都市ガス以外の賃貸に住んでいる方はどうすればいいのか?

すでに都市ガス以外の賃貸に住んでいるという方は安いプロパンガス会社を選びましょう!

安いプロパンガス会社を選ぶには?

プロパンガスは会社によって価格が異なり、プロパンガス料金を安くしたい場合は安いプロパンガス会社を個別に契約することになります。

ガスと電気は電気の方がお得なの?

以上のような形で見るとお得なのは電気ですが、お風呂に入るのも夜だし夕飯を作るのも夜だから結局は電気よりガスを使う方が無難かな。と、思ってしまうのも無理はないでしょう。

そんなガスと電気ですが、料金節約にあたって重要なのはガスや電気の基本料金だけではないのです。

電気を使用したコンロのIHクッキングヒーターと、ガスを使用したガスコンロでは熱する物の熱伝導率が最大40%も違い、電気のIHクッキングヒーターは80〜90%となっており、ガスコンロは50〜80%になっているのです。

そのため、水が沸騰する時間もガスコンロは5分40秒。
IHクッキングヒーターは1分57秒となっています。

1分、1秒単価が高い電気代でも、結局電気の使用する時間が短くなるためその分電気料金は安くなることが多くあります。そしてこれはエコキュートなどの電気給湯器でも同じ。
さらに安全面もガスより電気の方が圧倒的に安全です。

ガスと電気どっちが向いている?ガスと電気を使う際の条件をチェック!

効率の高い電気と最も安い都市ガスを比較してみるとどちらの方がお得なのでしょうか?

実は安全で熱効率の高いエコキュートやIHクッキングヒーターなどの電気製品は、設置費用が高額になる場合が多く、3人家族タイプの370Lのものは本体価格で60〜90万円程します。

もちろん本体価格ですから設置費用を加算すれば、割引などがあり、70万円程が相場になることが多くあります。

このように、結局電気製品は長いこと使わなければ元を取ることができない場合が多くあるため、一人暮らしや引っ越す予定のある方にはあまりおすすめできるものではありません。
そこで以下に電気製品が向いている家庭と向いていない家庭を考えてみました!

電気製品が向いている家庭

持ち家で長く住む場合

電気製品が向いている家庭の第一条件はまず長くそこに住むということ。
電気製品は設置費用が高くついてしまうものの、しっかり長い期間を使っていれば日々の光熱費は累計するとかなり安いです。具体的な期間は9〜10年。
10年以上その家に住み続ける場合は電気製品の方がお得で安い料金と言えるでしょう。

ガスの方が向いている家庭

転勤の可能性がある

先ほどの例とは真逆を考えるのが良いでしょう。例えば転勤の可能性のある家庭は、数十万円してしまう電気製品にしてしまうと、初期費用が無駄になってしまうことになりかねません。

給湯器でできたお湯を飲みたい!

先ほど申し上げたように、給湯器は深夜の電気代の安い時間帯にお湯を作り、深夜にできたお湯をそのまま保温しておくため給湯器内のお湯は少し古くなってしまっていることが多くあります。そのため直接そのお湯を飲むのはあまりおすすめできません。その点、ガスの給湯器はすぐにお湯を作ることができるため、直接お湯を飲むことができます。

電気を使った給湯器の口コミ

【一戸建てに住むIさん夫婦】
経済的なメリットより、先ず安全を採りました。私たちは、高齢者だから、ガスや灯油による炎を無くしたい、即ち衣服などへ引火して焼死したり、カーテンなどから火災になることを防止する目的でした。(灯油の購入や保管・給油の手間なども有りますが)

経済的には、毎月約3,000~5,000程度、ガスや灯油を併用した時より節減できました。

【一戸建てにすむ Hさん一家】
当初、オーブントースターを購入予定でしたが、IHでも問題なく出来るようだったので急遽この商品の購入に変更しました。

鍋はジオのステンレス多層鍋です。オーブントースターだと焼く環境が変わりすぎるので、どうなるか心配でしたが、IHの場合は鍋がそのまま使えれば出来具合は同じだろうと予想できたので、無事焼けて良かったです。

火力は3で問題無く焼けました。最初は1や2で試しましたが低すぎて駄目です。3が丁度いいと思います。

状況によってはオール電化よりガスと電気の併用の方がおすすめ!

ガスが高いからとオール電化を考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、いきなりオール電化にしてしまうとどうしても初期費用が高くつき、後々後悔してしまう原因になりかねません。

そこでおすすめなのが、ガスと電気の併用です。いきなりオール電化にするのではなく、電気も使いながらガスと併用して電気代やガス代を見て考えるということをおすすめしています。

電気とガスを併用する方法

まず電気とガスを併用するには電気を使う器具を揃えるという方法が一般的です。

一般的な例でいうと、これまでガスコンロを使って調理をしていたものを小型のIHクッキングヒーターに変えてみたり、ガスを利用したストーブを使っていた場合に電気ストーブに買い替えてみたりなど、いきなりオール電化にしてしまうよりも低コストで電気を使った生活を実感してみることができます。

電気は使う地域によって値段が変わる?意外と知らない電気利用事情

プロパンガスか都市ガスかで料金が大きく異なります。これは場所による問題ですが、

電気も使う地域によって料金が変わってきます。

これは、地域によって電力会社が異なっているからです。

しかし、今は電力自由化が進んでいます。つまり、同じ地域であっても電気料金を安くできるということ。

現に、電力会社を変えるだけで月3,000円〜4,000円ほど電気代を抑えることも可能です。

とはいえ、今すぐ電力会社を変えるべきとは言いません。
今の電気料金を確認し、しっかりと比較し、判断してから電力会社の乗り換えをしていきましょう。

【全て解決】電力会社やガス供給会社ってどんなのがあるの?お得な供給元をあなたの地域でズーム!

都市ガスの場合でももっと節約したい場合は?

すでに都市ガスをお使いの方でも、もっとガス代を節約できないものかとお悩みの方もいらっしゃることでしょう。

そんな時は思い切ってガス会社の変更をおすすめします。

都市ガスの料金は千差万別ありますが、

ご自身が今使っているガス会社が、もっとも安いという保証はありません。

そのため今使っているガスがどれだけ安くなるのか。以下をご覧いただけますと幸いです。



まとめ!ガスと電気どっちがお得?

いかがでしたでしょうか?

今回はガスと電気は同じ量を使うならどっちが安いのかについて解説してきました。

ガスも電気も家族構成や持ち家かどうかなどが大きく関わり、一概に答えが出せないものではあります。
しかし、あなたの家庭の条件をしっかりとクリアにすれば、光熱費を今よりもっと抑えることができることでしょう。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です