ガスと電気をまとめると安い?すべてがお得とは限らない!デメリットとメリットを解説

契約

今回、一般家庭用に販売されているガス料金と電気料金をセットにしたプランが、本当に誰にでもお得なのかを検証してみました。そこで分ったことは、セットプランのすべてが最安値になるとは限らないというということ。そこで大切なことは、ご自分のご家庭のライフスタイルに合ったプランを選ぶことです。この記事を参考にして、一番お得なガスと電気の契約をしていただければ幸いです。

家庭用エネルギーの自由販売の先駆けとして、まず2016年に施行された「小売り電力の自由化」によって、ガス会社の多くが電力事業に積極的に参入しています。これは、翌2017年より施行されたガスの自由化に伴い、日本におけるエネルギー市場の大きな環境変化に対応するためです。

ガスや電気は、水道と同じく家庭生活にとって欠かすことが出来ないライフライン。プロパンガスについては元々契約が自由化されていましたが、都市ガスや電気については地域で独占的な供給がされてきました。しかし、このガスと電力の自由化によって自分の好きなガスや電力会社と契約できるようになったのです。

今回は、そんなガスと電力のおまとめプランについて、誰もが本当にお得になるのかを検証してみたいと思います。これから、ガスや電気の契約の見直しをお考えの方はぜひ参考にして下さいね!

異業種も続々参入?家庭用エネルギーの電力化と需要がカギを握る!

近年、家庭用のガス器具が続々と電化製品に取って代わっています。ガス給湯器やガスコンロのようなこれまでガス器具がメインだった製品が、電気給湯器やIHクッキングヒーターにその場を奪われているのです。

オール電化住宅の普及

家庭用のガス器具に比べて、電気器具は直火を使わないのでクリーンで安全な印象があります。実際に、高層タワーマンションや高齢者マンションをはじめ、新築の物件では戸建てや集合住宅を問わずオール電化というガスを一切使わない住宅が安全と安心を売りにして販売されています。直接火を使わないオール電化住宅は、その安全性から老若男女問わず人気を集めているのです。

ガス会社の電力販売への参入

このように、家庭のガス消費を電力に奪われているなかで、ガス会社の多くが新たな収益源を得るために電力の販売に力を入れているのです。また、他の異業種も電力やガスの販売事業に乗り出しており、すでに売電・売ガス事業はレッドオーシャンと化しています。

ガス器具の販売やガス自体の需要が今後減ることが予想される中で、ガス会社も電力の販売に力を注いでいるのです。

異業種からの参入

ガスや電気の自由化による販売は、ガスや電気会社以外でも積極的に行われています。例えばガソリン販売を行う会社であったり、電話などの通信事業者、新規のベンチャー企業などが積極的に参入しており、このような異業種からの参入によってさまざまなセットプランが登場しているのです。

ガスと電気のおまとめセット割引はお得?メリットとデメリットも解説します!

多くの会社が売ガスや売電で売り出している商品。ガス代や電気代をまとめるとお得になります!といったセットプランですが、本当にお得になるのでしょうか?

セットプランのメリット

ガス代や電気代の契約をセットプランにすることで、基本料金が一元化されてトータルの代金が安くなる場合がある。支払先が1つになる。家計管理が楽になるといったメリットがあります。

セットプランのデメリット

逆に、ガス代と電気代をまとめて契約することで、それぞれの料金が上がることもあります。これは、もともとがガス・電気ともにそれぞれの最安値のプランで契約している場合に起こりがちで、一人暮らしなどの消費するエネルギーが少ないお家庭ほど起こりやすい現象です。これは、消費エネルギー量が多い家庭ほど、ガスや電気の基本料金、従量料金が高くなるという設定があるからです。

電気・ガス以外の異業種とのセットプラン

ガスや電気の販売を行っている異業種の会社は、総じて他の商品をセットにして販売していることが多くなっています。例えば通信事業者であれば、携帯電話料金やインターネット通信料金とセットにしたり、ガソリン販売会社では、ガソリンや灯油などの価格割引がついたセットプランを武器にしています。

このように、現在のガスや電力の販売にあたっては、非常に多くの他業種企業が参入しているのです。それぞれにメリットがありますが、ご自分のご家庭のライフスタイルに合ったプランを選ばないと損をすることもあります。家族全員でメリットを享受出来るプランや会社を上手に選ぶことが大切です。

ガスと電気の料金をまとめるとお得?のまとめ

ガス会社や電力会社、またそれ以外の異業種企業のガスと電気のセット販売が盛んになっています。おまとめプランにすると、毎月の光熱費の支払いや家計管理が楽になったり、料金を安くできたりするメリットがある反面、電気とガスをセット割にするよりも、それぞれの最安プランで契約した方が料金を安く抑える事ができることもあります。それぞれのご家庭のライフスタイルに合ったメリット・デメリットをしっかりと考慮したうえで契約するようにしましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました