【徹底検証】一人暮らしで外食を続けるとどうなる?自炊と外食費用を比較

食費

一人暮らしをしていると、ついつい多くなってしまうのが外食費用ですよね。

特に社会人の方だと、仕事から帰るついでにお弁当を買ってしまったり、ファストフードで晩御飯を済ませてしまうことが多くあるのではないでしょうか?

こんにちは!ヒトかつ運営部です!

今回は、一人暮らしで自炊をした際の食費と外食の際にかかってしまう食費では、どれくらいの差があるのか、積み重なるとどれくらいの負担になってしまうのかを調べてみました!

ぜひ参考にしてくださいね!

外食や自炊のメリット・デメリットを解説

結論から申し上げますと、外食よりも自炊の方が約3万円も安くなっています。

実際に自炊派と外食派の食費を以下の表で比較します。

外食派 自炊派
男性 60,000円 30,000円
女性 50,000円 25,000円
全体 55,000円 27,500円

このように、男性、女性ともに自炊派の方が3万円近く安いことがわかります。

でも毎日料理する手間を考えれば、高いとは言えない方も多いでしょう。

なぜなら、一見安く見える自炊にもメリットとデメリットがあるからです。

では、外食と自炊のメリットとデメリットを比較してみましょう。

外食のメリット・デメリットとは?

外食のメリットは「好きなものを・好きな時に・好きなだけ食べられる」ということもありますが、何よりも料理や後片付けの準備が要らないことです。

また、手間と時間が省けるだけでなく、洗い物の光熱費や洗剤、有料で出すゴミも少なくて済みますね。

ただその反面、栄養が偏ったり、食費が高くなるという大きな欠点があります。

自炊のメリット・デメリット

自炊のメリットは、食費がただ安くなることだけではありません。

栄養価の高い食事を意識して食べることができ、しっかりと栄養管理をすることで健康を維持し、成人病気などを防ぐこともできます。

また、毎日自炊することは、生活にメリハリをつけるという点でも大きなメリットです。

決まった時間に帰宅し、料理や食事、後片付けをすることで、洗濯や掃除を含めた家の中を整理整頓する癖をつけることができます。

実際に、自炊派の人の方が家を奇麗にしているという調査結果もあります。

ただ、自炊するには「計画性」が必要で、材料を買いすぎて腐らせたり、むやみに調味料などを揃えすぎると思わぬ無駄がでます。必要なモノを必要なだけ買うという癖づけも大切

それ以外にも、料理に使う道具や食器、ガスや水道などのイニシャルコストとランニングコストが必要になります。

食費の目安はいくら?収入の15%以下が目標!

一人暮らしの食費の目安は、収入の15%以下が目安といわれます。月収20万円なら3万円。30万円なら4万5千円という具合。

もしも食費を節約するなら、やはり自炊がおすすめですが、無理は禁物です。

そこで、気をつけたい節約のポイント5つを紹介します。

自炊と決めても無理は禁物!外食や中食も上手に利用しよう

自炊をすると決めたからといって、無理して意地を張る必要はありません。

忙しいときや、疲れているときは「中食」も上手に使うと便利です。

「中食」とは、スーパーマーケットなどで売られているお惣菜などを家で食べる方法。

仕事終わりならば、きっとスーパーマーケットのお総菜コーナーに出来立てのお総菜や、値引きされたお得なお弁当もあるはず。お弁当が半額なら、自炊するよりも安くなることもあります。

疲れ果ててそれもしんどいというときは、無理せず手短なラーメン屋うどん、そばなどの外食で済ませればよいのです。

食材の買い物は上手にすること

スーパーマーケットでは、食材を少量ずつ買ってしまうと割高になってしまいます。かといって、大容量の生もの物だと使いきれずに腐ってしまう。

そんなことがないように、賞味期限のながい冷凍食品やレトルト食品を上手に使いましょう。

一人暮らしのオススメは、休日に業務用スーパーなどで数日〜1ヶ月ほどの食材をまとめ買いすると便利。

冷凍食品やレトルト食品だけでなく、ちょっとしたスープの素や調味料など、スーパーマーケットよりも格安で購入することができます。

ここでも注意したいのが「計画性」、料理に慣れるまではむやみになんでも買うのではなく、少しずつ買って、料理のレパートリーが増えたら必要なモものをまとめ買いするようにしましょう。

レトルト食品を上手に使う!ときにはインスタントやカップラーメンもあり!

自炊だからといって、なんでも1から作るという考えは大間違い。それでは強迫観念が生まれてしまいます。

「家で食べれば」何でも自炊!というくらいの気持ちで過ごしましょう。

普段の時間に余裕のある時は、野菜炒めや焼きそばなどを作って食べればヘルシーですし、炒め物は次の日のお弁当のおかずにもなります。

でも、疲れているときに無理する必要はありません。そんなときは、買い置きしておいたインスタントラーメンやカップ麺と、あらかじめ作っておいた冷凍ご飯をチンして食べればよいのです。また、茹でるだけのパスタとレトルトソースも便利ですね。

一人暮らしの生活で無理は禁物です。レトルトカレーやインスタントラーメンも、家で食べれば立派な自炊です。

自家製の冷凍食品を作るととっても便利!

先にも言いましたが、冷凍ご飯を作っておくと疲れたときなどに便利です。また、意外に料理ってなんでも冷凍しておけるって知ってました?

カレーや煮物はもちろん、野菜炒めや煮魚、焼き魚も冷凍しておいて、食べたいときに電子レンジで「チン」すれば美味しく食べれます。

休みの日に、自家製の冷凍食品を作り置きするのもいいですよ!

【関連記事】 一人暮らしの冷蔵庫の電気代は?冷蔵庫選びで押さえておきたい大切な4つのポイントを紹介!

調味料の種類は限定すること!

一人暮らしでやってしまいがちなのが、調味料の買いすぎ…。

とくにエスニック料理やスパニッシュ系など、あまりいろいろな料理に活用しにくい調味料は買わないようにしましょう。

一人暮らしで必要な調味料は【塩・コショウ・醤油・酢・味噌・ソース・ケチャップ・マヨネーズ・酒・砂糖・みりん・粉末だし(和風・中華・コンソメ)・めんつゆ】これくらいあれば、かなりの料理が作れます。

ほかに好みの調味料を買うときは、料理のレパートリーが増えてからが基本です。

気をつけて!自炊をするときの注意点とは?

最後に自炊をする際の注意点をご紹介しておきます。

それは焼き肉や揚げ物は家ではしないこと!なぜなら、調理や後片付けが思いのほか大変だからです。

焼肉パーティーなどしようものなら数日間はにおいが消えませんし、リビングの床や天井、壁にまで油が飛んでベタベタになってしまいます。

また、唐揚げやフライなどの揚げ物も、料理した後の油の処理やらコンロ周りの掃除が大変です。

料理や家事が好きな人には良いですが、そうでない方は「焼肉」と「揚げ物」は外食や中食を利用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました