一人暮らしのガスと電気なら電気だけ使う方がお得?あなたも今日からオール電化生活!

ガス

一人暮らしを始めるとガスと電気と水道の3つは王道のライフライン。

そんな中でも電気とガスは互換性のある資源。ガス代がカツカツでしんどいなーと感じているあなたは、ガスという資源を捨てて、オール電化生活をしてみませんか?

今回はオール電化生活に帰るとどんなメリット・デメリットがあるのか、オール電化にするとどう言った面で嬉しいことが起きるのかを解説していきたいと思います!

ズバリ!オール電化にすると嬉しいポイントとは?

結論から、生活で必要になるものを全てオール電化にする必要があるのは都市ガスではなくプロパンガスを使っている家庭に限られます。

というのも、資源の料金順位は都市ガス→電気→→プロパンガスだから。

プロパンガスを使っている家庭は、全てを電気に変えることで毎月のガス代を節約して電気代に替えることができますが、初めから都市ガスとして使っているご家庭は無理にオール電化にしてしまうと料金で損をしてしまう可能性もあります。なぜなら、オール電化は初期費用がとても高いから。

ですから、まず都市ガスを使っている家庭は自由化により、安いガス会社を選べるようにすることから始めていきましょう!

詳しくはこちらから!↓
ガス・電気の自由化って何?やり方次第で料金が安くなる理由を徹底解説!

それではプロパンガスの方にお待ちかね!オール電化にするコツとメリット・デメリットを解説していきましょう!

大前提は一人暮らし・プロパンガス・引越し無理の人!

オール電化にする前にこの記事を読んでメリットを届けることができるのは【一人暮らし・プロパンガス・引越しができない】という人です。

なぜなら一人暮らしでなくプロパンガスを使っているなら都市ガスに変えれば済む話で、プロパンガスしか使えないなら引っ越せはいいだけだから。

そのような状況を見事にかいくぐり、上記に致し方なく該当してしまう可哀想な方々に本ページを捧げます。

それでは行ってみましょう!

全てオール電化は可能?結論90%オール電化は可能だよ!

オール電化と聞くと家ではガスなんて微塵も使わないぜ!という状況を考えるかもしれませんが、それは不可能です。

一番変えにくいのがお風呂。

一人暮らしをしているとお風呂を入るときにシャワーだけという方もらっしゃるかもしれません。しかし日本のアパートの場合はお湯を作るエネルギー源はガスが多く、ここを替えるのは改修工事をしなければなりません。

しかし上記に該当している方がそんな改修工事をすることはおそらく不可能でしょう。(できるなら引っ越せ!)そこを考慮すると実際にオール電化にできるのはお風呂以外の場面しか無くなります。

それではどんな場面でガスから電気に変えることができるのか。以下で見ていきましょう!

キッチン

キッチンではガス製品を電気製品に変えることでお得に料理をすることができます。
プロパンガスを使うと一時間で約54円のガス代がかかることになります。(都市ガスの場合は48円ほど)

一方、電気を使ったIHクッキングヒーターの場合は約34円、時間帯で電気代が変わる場合でもで抑えることができます。

加えてIHクッキングヒーターはガスコンロよりも熱伝導率が高いため、より短時間かつ効率的に料理をすることができ、上記の値段よりお得に料理をすることができることも。

暖房機器

暖房器具で今一番安いのは電気の暖房です。

こたつやエアコンは、石油やガスをつかった暖房器具よりも断然お得に使えます。

一人暮らしの賃貸物件でも、ほとんどの部屋にエアコンが装備されているはず。

昔の感覚で、エアコンは高いなんて考えていると大損しますよ!

詳しくはこちら→暖房器具の燃費とコスパを徹底比較!上手な組み合わせや使い方も紹介

このようにプロパンガスをお使いの方は、電気製品を上手に活用することで大きな節約ができるかもしれません。

ぜひ一度、家計の中でガス代がいくらかかっているのかを確認してみて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました