一人暮らしにはポケットWiFiと固定回線はどっちがお得?おすすめの通信方法を比較!

費用

皆さんこんにちは!ヒトカツ運営部です!

一人暮らしをするにあたって、今や通信環境がなくては現代的な暮らしができないと言っても過言ではないのでしょうか?

今回は一人暮らしをしている方から実際に、一人暮らしには固定回線とポケットWiFiのどちらがおすすめ?という質問をいただきましたので、こちらの記事で回答していきたいと思います!

結論!ポケットWi-Fiが圧倒的におすすめの理由は?

理由:1 引っ越しをしても契約を変える必要はない

ポケットWi-Fiは場所の制約を比較的受けません。

場所に関係ないからこそ、引っ越しや移動にもWi-Fi通信することができるため、引っ越しの可能性が高い場合にはポケットWi-Fiを使うことをおすすめします。

理由:2 固定回線より安い

一人暮らしをしている方もそうでない方も、特に気になるのはインターネットを利用する際の料金ではないでしょうか?

ポケットWi-Fiは固定回線と比較して安く、中には固定回線の10分の1程度の料金で提供されているポケットWi-Fiのあるなど、料金体のみでポケットWi-Fiを選ぶという方も多いほどです。

理由:3 野外でも使える

回線の場合は、ポケットWi-Fiと違い完全に室内でしか使えません。

そのため学生や社会人に問わず、屋外でも快適なインターネット通信が必要となる現代では、固定回線を契約していてもポケットWi-Fiの契約を行うほど。

一人暮らしで通信費にも気を使うとなるとポケットWi-Fiが最もおすすめの通信手段となるでしょう。

それでは、ポケットWi-Fiと固定回線のメリットとデメリットを箇条書きに記してみましたので、次に確認していきましょう。

ポケットWiFiのメリット・デメリット

利用範囲がとにかく広い

ポケットWi-Fiは日本全国で使うことができます。

利用範囲は種類や会社によって異なりますが、主に山岳地帯や海岸沿は上手く通信ができないことが多いですが、通信会社はこういった地域にも安定した通信を届けれるよう、日々通信環境改善がなされています。

固定回線と比較して安い

固定回線は月々5,000〜10,000円ほどの費用が必要になりますが、ポケットWi-Fiは月々3,000円〜4,000円程度が相場になります。

加えて固定の回線と違い、プロバイダーと回線での二重契約が必要ではない点もおすすめのポイントです。

通信制限がある

ポケットWi-Fiの唯一のデメリットは通信制限があることでしょう。

ポケットWi-Fiは3日で10ギガという通信制限が相場になっています。

これは3日で10ギガバイトの通信容量を使うと翌日の夕方の6時〜午前2時までの間100Mbpsという速度での通信になってしまいます。

固定回線のメリット・デメリット

通信制限がない

固定回線は通信制限がありません。

光回線などであればもっと速い通信を通信制限なしで使うことができるため、毎月の携帯電話の通信制限を気にしている方は固定回線を使うことが最も良い解決策だと言えるでしょう。

IP電話が使える

IP電話とはインターネット回線を利用することで通話ができるサービスになります。

固定回線を使わず通話ができるため、電話をよく使う法人や個人事業主の方には嬉しいサービスです。

外で使えない

ポケットWi-Fiと比較して料金が高い固定回線は、ポケットWi-Fiとは違い、設置した部屋や家でしか使うことができません。

固定回線は通信制限がないため、オフィスや仕事で使うには最適です。

しかし、今やどこでも確実に通信を使えることが当たり前の時代になっている中、どこでもWi-Fi通信が使えるわけではないのは大きなデメリットです。

プロバイダーと合わせて契約しないと使えない

固定回線は、例えるなら通信をするための川のようなもの。

しかし、その川には通信と言う水を通さなければ川は機能しませんよね。

だから固定回線を利用する際には、水源となるプロバイダーも契約しなければならないのです。

プロバイダーの費用は月々5,000円前後です。これに合わせて回線費用もかかりますので、固定回線を利用するには月々10,000円前後がかかってきます。

お金に余裕のない学生さんや社会人の方であればポケットWi-Fiを選ぶことをおすすめします。

通信無料のアパートを選ぶと通信がタダになる!

一人暮らしをする物件の中にはすでに通信状況が整えられている物件があります。

通信がタダで使える物件は2通り。

・Wi-Fi環境付きの物件
・インターネット回線付きの物件

これらの物件であれば実質インターネットを無料で使うことができます。

Wi-Fi環境がついている物件であればパスワードを入れればすぐに通信を使うことができますが、インターネット回線のみの物件であれば通信電波を飛ばすためのルーターが必要になります。

通信ルーターもついている物件も稀にありますが、通信ルーターは2年以上古くなってしまうと回線の最高速度が出ないため、ルーターはご自身で買うことをおすすめします。


通信無料のアパートの落とし穴

通信が無料のアパートやマンションを選ぶときにはそのアパートが通信設備がいつできたのかをしっかりチェックしておきましょう。

通信無料の物件は、インターネットが普及し始めた時期から徐々に増えてきました。

しかし、多くの物件で通信環境を当時のままにしてしまっている物件があり、そう言った物件では通信速度が前時代的であり、今のスマートフォンでは対応できないほど遅いこともあります。

また、家賃や管理費に通信費用が含まれていることもあり、「自分で契約した方が安かった!」ということもザラにあります。

通信無料の物件を探す場合は、管理費や家賃にも気を配りながら探していきましょう。

関連記事:インターネット無料の物件に騙されてはいけない!通信無料を謳う物件には落とし穴がある?

学生ならお得なポケットWiFiを選ぼう!

なぜ学生ならポケットWiFiがおすすめなのか?

それは単純に外でも使えてお得だから。

固定回線と比較してポケットWiFiはお得な値段であることが多く、事実、固定回線よりポケットWiFiの方が学生は利用者が多くいます。

現在はWi-Fiも光回線と比較しても劣らないほどの品質のポケットWi-Fiもあるため、一人暮らしをする学生の方はポケットWi-Fi一択で問題ないでしょう。

在宅仕事で外出もするなら固定回線&ポケットWi-Fi

リモートワークが主流になる仕事をする方は固定回線が必要になるでしょう。

リモートワークをする際に遠隔からウェブ上でビデオ通話をするためには、制限のない通信が必要になりますし、大容量のファイルなどを送る際には固定回線が最適でしょう。

加えて、ノマドなどで仕事をする機会もある業種であればポケットWi-Fiも必要になるでしょう。

こういった仕事をされる方は固定回線とポケットWi-Fiを同時に契約することでお得になるプランもありますので、そちらを参考にすることをおすすめします。

シンプルなポケットWi-Fiの選び方

通信速度や通信クオリティは同じ

ポケットWi-Fiは、「LTE回線」と「WiMAX回線」の2つの回線があります。

WiMAX回線が使えるポケットWi-Fiは、WiMAXシリーズといい、ポケットWi-Fiの中で一番人気になっているのはWiMAXです。

もちろんLTE回線を使ったポケットWi-Fiも人気なのですが、そのほとんどで携帯電話のキャリアと合わせて契約することでお得になるプランが多いです。

キャンペーンで選ぶ

ポケットWi-Fiを選ぶ際に重要なのは、契約の際にあるキャンペーンに注目することです。

上手にキャンペーンを利用することで、かなり安く利用することができますよ!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました