【必見】エアコンの電気代が気になる!夏もの家電の上手な節約法とは?

節約

暑い夏が続く現代。近年、夏のクーラーは、暑さ凌ぎや熱中症対策に欠かせなくなっています。

しかし、そんな中でもやっぱり気になるのが電気代ですよね。

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

夏休みになると旅行やレジャー、里帰りと、いろいろな出費が多いのも現実。

そこで、少しでも電気代を節約したいところですが

いったいどうすれば良いのかわからない!

あるなら知りたい!

という方も多いはず。

そこで今回は、夏の電気代を上手に節約する方法を紹介します。

意外に皆さんが気付いていないポイントも紹介しますので、ぜひ見逃さずにチェックして下さいね!

電気代は電力の契約内容によって変化する

電気代って各ご家庭で契約内容が違うって知ってました?

じつは、電気を購入するときは電力供給を行う会社から定額の基本プランを選択し契約。その後は毎月の電力消費量に合わせた従量料金と基本料金などを合わせて支払います。

日本では、2016年の4月1日からの電力自由化により、一般家庭でも電力の購入先を自由に選べるようになりました。これにより、ご自宅の電力消費量から最適な電力プランを選んで、できるだけ安く購入することが可能になったのです。

しかし、よく分からないからと新電力へ切り替えなかったり、間違ったプランを契約していると、損をしている可能性があります。

もしも2016年以前の電力プランのままで、自宅の電力契約を調査していない方は、いろいろな電力販売会社から見積りをとってみると良いでしょう。そして、最も安くて親切な電力会社へ乗り換えることをおすすめします。




1年間の電気代を月別にチェックすると意外な結果が見えてきた!

適正な電力会社とプランを契約出来ているかたは、次に見直すのは電気の使い方と節約術です。

夏は特出して電気の消費量が多そうな気がしますが、実際はどうでしょうか?

この調査結果表から見ても分かるように、実は夏の電力の消費量は、実はそれほど多くはありません。電力の消費が多いのは圧倒的に冬場であることがわかります。

このデータには地域差が反映されていない東京都の平均データですので、沖縄と北海道では結果が異なるでしょう。

しかし、多くの地域で夏場の消費電力は冬に比べると少ないのが現実です。

この結果をもとに、今以上に注意することで上手な電気代の節約が可能になります。

夏と冬の冷暖房代を比較

先の説明で、実は夏より冬のほうが電気代がかかっていたことがわかりました。

では、なぜそのような結果になるのかを解説します。

夏にエアコンのクーラーで冷房する場合、仮に室内温度が33℃で冷房の設定温度が28℃のとき、その温度差は5℃です。

しかし、冬場の室内温度が10℃で暖房の設定温度を25℃に設定した場合、その温度差は15℃となり、夏場よりもはるかに温度差があることがわかります。

エアコンの電気代はこの「温度差」が非常に大きく影響します。

現在のエアコンで採用されている『ヒートポンプ式』のエアコンは、非常に省エネ化が進んでいる家電ではあります。これは『熱交換方式』と呼ばれる機能で、上げ下げする温度差が大きいほど、比例して消費電力が増えるのです。

このことから、エアコンの電気代は冷房が高くて暖房は安いというイメージはは間違いであることがわかりますね!




夏の電気代を節約する意外な盲点とは?

冬場の暖房よりも夏のクーラーの電気代が安いとはいえ、もっと電気代が安くなるほうが嬉しいですよね。

そこで、家庭内で上手に電気代を節約できるポイントを整理してみましょう。

古い家電製品を見直す

最近の家電製品は、節電機能だけでなく、家計や身体、環境面にも配慮された機能がついています。

エアコンでは、冷暖房のインバーターシステムによる電気代の節約だけではなく、空気清浄機能や自動洗浄機能もついていますし、新型の洗濯機には節水や洗剤を減らせる機能などが進歩しています。

その他にも、冷蔵庫や掃除機、テレビや照明器具など、ご家庭の日常生活で欠かすことのできない家電製品で、もしも10年以上使っている製品があれば、積極的に買い替えても良いでしょう。

エアコンの節電方法

まずは冷房効率を上げる方法を紹介します。冷房効率を上げるには、部屋の温度を上げない工夫が必要です。例えば遮光カーテンや遮熱フィルムをガラスに張ったり、日よけにヨシズを使って日陰を作ることも有効です。またヨシズに水をかけると気化熱により、更に涼しい空間を作ることもできます。

また、身体のためにも設定温度の下げ過ぎには要注意!28℃くらいを目安にしましょう。

冷蔵庫の節電方法

次に注意したいのが冷蔵庫です。冷蔵庫は、夏場にもっとも電気代が上がる家電。外気温に比べて冷蔵庫は30℃近く、冷凍庫に至っては50℃~60℃も温度を下げないといけないからです。

冷蔵庫を効率よく節電するには、冷蔵庫には物を詰め込み過ぎないこと。冷蔵庫に物を入れる前に暑いものはしっかりと冷ましてから入れること。冷凍庫はある程度ものを多めに詰めて入れること。ドアの開け閉めはなるべく少なく素早くするといったコツがあります。

その他の家電の節電方法

その他にも細かくチェックすることで節電が可能です。例えば、トイレの便座は夏場は温めなくても気になりませんし、電気ポットもあまり使わないでしょう。また、湯沸し器の電源も切って待機電源のみにするなど、夏場は家やモノを温めるという機能は必要ない場合が多いので、徹底して電源を切っておきましょう。

エアコンなどの夏場に注意したい家電の節約法のまとめ

いかがでしたか?このような節約ポイントをこまめに見直し、積極的に行うことで、年間に少なくとも数千円~数万円の節約が可能になります。

また、電力の見直しには新電力会社を上手に選ぶことで、手っ取り早く大きな家計の節約ができることでしょう。ぜひこの記事を参考にして、あなたのご家庭の電気代の節約に活かしてくださいね!

【関連記事】エアコン除湿の電気代は冷房の3倍高い?除湿と冷房の違いを詳しく解説します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました