ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

住居・お部屋 同棲 生活の悩み

大学生の同棲の8割は別れる?大学生同士の同棲のメリットとデメリットを解説!

学生の同棲カップルに2組に1組は別れる…

こんにちは!ヒトかつ運営部です。
大学生同士で一緒に暮らしていく『大学生の同棲』では

・恋人との生活が合わなかったらどうしよう?
・お金の問題で気まずくなって別れてしまうのは嫌だなあ…

と考えてしまう方はいらっしゃいませんか?
確かに、恋人との同棲でお互いに知られたくないことを知ってしまったり、お金や生活面でどうしても受け入れられずに別れてしまうのは避けたいですよね。

しかし、そんな同棲での不安を払拭するとっておきの方法があることをご存知でしたか?

今回は、大学生の同棲カップルがどのくらい、どういった原因で別れるのか?大学生が同棲するにはどういったメリット・デメリットがあるのかを解説していきます。

この記事は約3分で要点をつかむことができますので、ぜひ参考にしてみてください!

大学生同士の同棲の半分は1年で別れている事実

学生時代に同棲していた経験のある100人にインタビューをとったところ、学生の間に約50組みが別れており、最終的に学生の時に同棲をして結婚までたどり着くのは、全体のわずか2割ほどです。

大学生の同棲をして別れる原因は?お金の問題が1番多い

1位 金銭的なトラブル

大学生が同棲で別れてしまう1番の原因は金銭的なトラブルです。

同棲をするには、これまで1人で使っていたお金を、2人のお金と捉えて使っていかなければなりません。

しかし、大学生同士ではしっかりとしたお金の管理ができずに、どちらかが多く出費していたりなどして、同棲が難しくなってしまうことが多くあります。

もちろん、同棲解消=別れるにつながってしまうわけではありませんが、同棲解消を元に2人の関係性が壊れてしまうことは容易に想像できますよね。

2位 生活面での価値観の違い

価値観の違いで分かれてしまうことも非常に多くあります。

価値観の違いは結婚後の離婚原因の代表格とも言えますが、大学生の同棲で最も軽視されている同棲の解消理由と言えるでしょう。

「好きだから一緒にいる」の延長線上で同棲を始める大学生のカップルが多いのも原因にですが、一緒にいるということはお互いが知らなかった、『良いところも嫌なところ』も見えてしまうもの。

かくいう著者も同棲経験があり、自分が脱ぎっぱなしにした服でよく喧嘩になっていました…

自分が何ていうこともない件が相手にとっては大きなこと。
そういったことが見つかった時点で改善していく姿勢が大切になります。

3位 マンネリ化

マンネリ化は同棲をしていなくても起こり得ることですが、カップルであることが当たり前になりすぎて何も起こらないのも別れる原因になりかねません。

大学生から社会人になると、仕事をする中で支え合うために付き合うという目的が生まれることもありますが、

特に大学生のうちは何かに熱中して取り組むべきものがないと、どうしても恋人や人との繋がりに依存してしまうことが多くありますよね。

マンネリ化を起こさないためにはことあるごとにイベントをつくったり、お互いが状況に飽きてしまわない努力をしていく必要があります。

このように、大学生の同棲にはたくさんのリスクがありますが、大学生同士が同棲をするのはリスクだけではありません。
以下では、大学生同士が同棲をするメリット・デメリットを紹介して行きます!




大学生が同棲するメリット・デメリット

大学生同士が同棲するには、メリットとデメリットが背中合わせに存在しています。
大学生が同棲をしていくにはどう言ったメリットとデメリットが存在しているのかを確認しながら、ご自身の生活と照らし合わせて行きましょう。

大学生同士で同棲するメリット

大学生同士で同棲をするメリットは何と言っても一人暮らしよりも金銭面で楽に生活できるという点にあるでしょう。

安い家賃で良い部屋に住める

同棲をすることで家賃を折半する場合は、一人暮らしの部屋の家賃より安くかつ、広いお部屋にすめることが多いため、毎月の出費を抑えることができます。

家賃は固定費としてかかり、収入の社会人でも収入の3分の1、大学生の場合はほとんどの生活費を家賃に費やしていることが多いため、一人暮らしと比べて毎月の生活費が安くなることはほぼ間違い無いでしょう。

光熱費&水道代が一人暮らしより安くなる

同棲をすると一人暮らしより水道・光熱費が安くなります。その理由は水道と光熱費には必ず基本料金と言うものが存在するからです。

主にこの基本料金は水道・光熱費の支払う全体の料金の半分を占めていることがほとんどで、同棲をして基本料金を折半して払うだけでも一人暮らしと比べても水道・光熱費が半分ほどの料金になります。

時間や交通費の節約になる

同棲をするまで恋人にあうために交通費をかけて会いに行っていた時間やその交通費は、同棲をすることで解消できます。
加えて以外に多くなるのがデート費用です。同棲をする以前までは積極的にどこか目的を作らないと会わなかったカップルが同棲をすることで、ずっと一緒にいれることからあまりデートなどの外出のための費用を使わなくて済むようになります。

しかし、これは表裏一体、付き合い始めたころの高揚感や満足感を得れずにマンネリ化に繋がってしまう可能性もありますので、バランスをとって活動していくことが大事になります。

以上のように、同棲をする上でのメリットの多くは生活をしていく上での費用を節約できることが一番のメリットになると言えます。

大学生同士で同棲するデメリット

お金のことで揉める危険性がある

大学生が同棲を解消する1番の原因はお金で揉めてしまうということです。

最初は同棲できたことで舞い上がってしまい、食費や光熱費といったお金のことをないがしろにしてしまいがちですが、積み重なってくるとそのストレスは絶大です。

目安としては、お互いに1万円以上のお金の齟齬が生まれた場合には定期的に話し合うことをおすすめします。

家事の負担や生活の違いで精神的なダメージになることも

これまでひとりや家族で行なってきた家事の分担を、これからは同棲をする2人で行なって行かなくてはなりません。

「自分のなかではこれでいい」という気持ちが積み重なることでお互いのストレスになり、最終的には同棲解消に至ってしまうのです。

学業に専念できなくなることも

大学生の同棲で多いのは、2人で過ごす時間を大切にするあまり、学業に専念できなくなってしまうということ。

同じ空間でいるために、どうしても会話や2人で過ごす時間に気を取られ、学業である課題や勉強に集中できなくなってしまうことがあります。

とくに専門学校や資格が必要になる職業を目指す学生の場合は、勉強するための部屋などを確保し、勉強をしやすい環境を作る必要があると言えるでしょう。

大学生が同棲でうまくいく!危険回避法を5つを紹介。

大学生で同棲をするにあたって、様々なメリット・デメリットがあることをご確認いただけましたか?

実際に同棲するにもお互いが気持ちよく暮らせなければ意味がありません。
そこで、実際に同棲生活がうまくいっているカップルが実践している、同棲で起きる危険回避の方法を5つご紹介していきます!

大学生同士のプライベートを大切にできる間取りを確保する

同棲をするには間取りには気を配りましょう。

なぜなら、間取りが多いとお互いのプライベート空間を確保することができるからです。

学生であれば勉強をしっかりする時間を確保しなければなりません。
もし喧嘩してしまったとしても、お互いにひとりになれる空間があれば十分に頭を冷やすことができますよね。

このようにお互いにプライベートを大切にできる同棲は長続きしやすいのです。

大学生同士のお金の管理を可視化する

同棲を始める際にはまず、お金の管理に一番気を使うべきだと言えます。

お金の管理で一番大切なのが「お互いの出費を見える化」すること。
日にち単位で『誰が』『どのくらい』使ったのかがわかることで、確実にお金で揉めることが少なくなります。

それには同棲家計のお金の流れをアプリで一括管理して行うことが一番簡単で確実です。

以下でおすすめの同棲のお金の管理のためのアプリを厳選していますので、是非参考まで。

【6選】同棲中にお金の管理で役に立つアプリとは?無料で使える家計簿アプリを紹介!

大学生同士の親の支援を受けやすいようにする

同棲をする上で、お互いの両親の支援があることはとても重要なことです。

もしお金のことで揉めてしまった場合でもお互いの親が仲介に入ってくれることもありますし、ふたりだけでは手に負えない問題にぶつかっても助けてくれやすくなりま。

特に女性の場合は実家から近いことで、親御さんの支援を受けやすくなりますし、彼氏さんの信用度アップにもつながります。

そのためにも同棲前の挨拶や親御さんへの定期的な連絡を絶やさないようにしましょう。

大学生の同棲で『これだけは嫌だ』というルールを作る。

すこしめんどくさいかもしれませんが、お互いに『これだけは嫌だ』と相手に要求するものを1つ挙げることをおすすめします。

例えば、「浮気は嫌だ」「ギャンブルは嫌だ」「汚いのは嫌だ」と言うふうに掲げます。

すると「浮気だけは嫌だ」と言われると必然的に彼女の前での異性のとの干渉は減りますし、「汚いのは嫌だ」と言われると日々の掃除に精がでます。

このように嫌だと言われたことをひとつ念頭に置いておくことで、付随・関係することを意識的に排除できるようになります。

こうすることで、そもそも喧嘩する原因を減らすことができ、マンネリ化や同棲解消を防ぐことができます。




大学生の同棲でおすすめ!『お互いの共同貯金を作ってみる』のはいかが?

こちらは余裕があれば実践してみて欲しい項目です!

もし、あなたが彼氏・彼女と結婚を前提に同棲をするつもりなら、お互いの共同貯金を作ってみることはおすすめです。

理由は3つ。

・結婚を考えたお金の管理ができる
・貯めたお金をふたりの楽しみに使うことができる
・お互いの本気度&お金の使い方を見える化する

です。

結婚を考えたお金の管理ができる

結婚後は家庭の貯金が必要になります。
すると結婚した後の2人でつかうお金について、共通意識をもつことができるため結婚したあとでもその貯金を使うことができますし、なにより2人で暮らしているという意識がつきます。

貯めたお金をふたりの楽しみに使うことができる

2人で貯金をするということは将来を考えると言うこと。

つまり、結婚を前提にしている場合であれば、結婚後の生活になります。
しかし、学生のうちであれば貯めたお金をどんなことに使うのか。という話合いができるようになります。

このなかで旅行にいったり、ふたりでできるゲームをかったり、ふたりの時間のためにお金の用途を考えることでマンネリ化を防止することのなによりの対策になります。

お互いの本気度&お金の使い方を見える化する

すこし暗い話になってしまいますが、大学生ふたりで貯金をすると相手の本気度合いがわかります。

というのは、本気でふたりの将来のことを考えてているならしっかりと計画を立てた貯金ができるはず。

反対に全く貯金に協力的でなかったり、貯めた貯金を勝手に使っているなどがわかった場合には、付き合いを考え直すきっかけになるかもしれません。

このように、大学生に限らず、同棲は時間とお金のリスクの隣合わせで生活することになるのです。
そのため、そこでの失敗を可能な限り防ぐためにも常に、相手がどれくらい本気なのかを、大学生のうちに確かめていきましょう。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です