家賃10万円に住むには月収30万円以上?家賃相場の正しい基準は収入の25%以下!

住居・お部屋

『家賃は年収の3分の1程度』

いまでもこんな基準でお家を選んでいては、

知らぬ間に想定予算が倍になってしまう可能性があることをご存知でしたか?

こんにちは!ヒトかつ運営部です!

実際に賃貸契約する際に、家賃10万円のお部屋に引っ越して、その後の生活費が足りずに失敗するケースが増えています。

そこで今回は、家賃10万円の部屋に住むには

  • どれくらいの収入がちょうどいいのか?
  • 自分の年収なら家賃はいくらが適正か?

といった年収の目安を解説します。

せっかくの新生活を快適に過ごすためにはお家選びが大切。

そのためにも、これから引っ越しを控えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

家賃10万円には手取りで月30万円は必要?

結論から言うと、家賃10万円のお部屋に住むには月収40万円は必要です

これまでは、収入の1/3が家賃の相場といわれていました。

しかし現在では、収入の1/3の家賃に住んでしまうと余裕を持った生活は送れません。

なぜなら、現代の生活コストは『衣食住』以外の費用がバカ高いから

正直、収入の1/3理論は昭和の時代の話。当時は消費税も携帯電話もありませんでした。

だからこそ、現代で賃貸するなら収入の25%以下にしないと『命取り』になるのです。

家賃10万円の家には初期費用が50万円かかる

家賃が10万円だと、住み始めの初期費用は50万円ほどかかります。

これは、新居の賃貸契約にかかる費用が家賃の4~5ヶ月分ほどかかるためです。

現に今家賃10万円のお家に引っ越そうと考えている方はまずは初期費用を計算して、貯蓄などに問題なく引っ越しができるかどうかも確かめることから始めましょう。

【完全版】一人暮らしの初期費用はいくら?引っ越しから生活までの費用を徹底解説!

↑この記事では引っ越しをする際の初期費用について解説。あなたが引っ越そうとしているお家の初期費用をシミュレーション できるようになっていますのでぜひ参考にしてみてくださいね

家賃10万円の生活費の内訳は?具体的な支出を解説

家賃10万円に必要な収入がわかったところで、生活費全体にかかる支出の内訳をチェックしていきましょう。

家賃10万円の生活費の内訳 金額
家賃 10万円
食費 5万円〜7万円(外食含む)
水道代 4000円
電気代 15000円
ガス代 4000円
通信費 1万円
日用品 3万円
雑費&貯蓄 6万7000円(交通費・被服代・趣味娯楽含む)

以上の表が大まかな支出項目と割合になります。

年収の25%の家賃の法則は扶養人数によって変わる

先ほど家賃は年収の25%と説明しましたが、これはあくまで一人暮らしの話

これから結婚して子供が生まれると、年収の25%の家賃でも生活が厳しくなる可能性があるかもしれません。

扶養人数 月収
0(一人暮らし) 40万
1(二人暮らし) 45万
2(三人暮らし) 50万
3(四人暮らし) 55万

このように、扶養人数によって、同じ家賃10万円でも目安となってくる収入が大きく変わることがわかると思います。この数値は、食費や光熱費などの節約度合にもよりますが、扶養する人数がポイントです。

扶養ではないルームシェアなら大丈夫?

「扶養はしないルームシェアなら大丈夫?」と言う疑問があるかと思います。

お互いにお金を持ち寄ってルームシェアする場合には、人数が多ければ多いほど必要となるお金が安くなります。そこで、人数に合わせて家賃を少しずつ上げても問題はないでしょう。

しかし、ルームシェアする場合は解約などの際に違約金がかかる可能性があるので、借りる前に注意が必要です。

詳しくは賃貸物件は解約金が必要?契約年数以下での解約は違約金がかかります。平均額などを解説をご覧ください。

家賃10万円てどんな部屋?

結論から言ってしまうと、家賃10万円のお部屋は地域によって注目されるポイントがバラバラです。

例えば東京で家賃10万円だったとしてもワンルームしか借りれない地域はいくらでもあります。

しかし都心から離れれば広い間取りや駅が近いなど、単純に家賃10万円の部屋でもそのレベルはバラバラです。

家賃相場

そもそも論ではありますが、東京の平均的な家賃は7万円前後。その多くがワンルームから1Kであることがほとんどです。しかし、地方都市であれば家賃10万円なら選べる物件は多くなります。

では次に、家賃を決める環境について見ていきましょう。

駅からの距離

東京では車より電車が主な交通手段になります。そのために家賃はその部屋の価値よりも駅近であるなどのことが家賃に大きく関わる要因になってきます。

地方なら家賃10万円を超える物件であれば駅から近いことも多くあります。

しかし都心では駅から近いだけでは、賃貸物件としての価値はそこまで高くないため、駅から近ければ10万円以上になることは必須と言えるでしょう。

階数

東京だけに限りませんが、全国のマンションやアパートでは一階より上層階を選んだ方が家賃が高くなるのはよくあることです。

しかし、間取りや管理費などが同じで家賃が高くなるのであれば、むやみに上層階を選ぶことはないでしょう。セキュリティ対策が万全であれば、かえって低層階の方が便利な場合もあります。

間取り

家賃10万円とありますが、実は間取りはほぼ関係がありません。

実際に東京23区であれば東京駅周辺や品川周辺でも1Kでも1Rでも、10万円を超えることは普通です。地域に関わらず、同じ家賃であれば間取りに気を配って部屋を選ぶと良いでしょう

これらを踏まえて、家賃が10万円という少し高額な物件であっても、駅近や周辺地域の状況、交通の利便性などによって自分に合った物件を選びましょう

10万円の家賃に住むメリットは?デメリットは?

年収で家賃の3倍はかかる、10万円の家賃の家に住むと、具体的にどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

駅近物件を見つけ易い

家賃10万円以上する物件は駅近であることが多くあります。仕事で駅近物件をお探しの方であればネットや不動産会社で10万円以上の物件から探すのも方法の一つだと言えるでしょう。

郊外なら大人数で住めることも

都心部ではなく市内の方の場合だと、家賃10万円ほどであればファミリーで住むことができる可能性が高まります。

加えて郊外であれば都市部価格とは大幅に離れることがありますのでカウンターキッチンやペット可など様々なオプションをつけることが可能になることもあります


家賃10万円の賃貸に住むには?一人暮らしの家賃シミュレーションを月収でチェック!

それではお待ちかね!家賃10万円の賃貸に住むための収入はどのくらいが適切なのでしょうか?

家賃10万円のマンションや一軒家に住む際には、家賃の目安は収入の25%以下だと言われています。

家賃について調べていると、これまでは月収の3分の1が家賃相場という理論が通説でした。

しかし、今では家賃が月収の3分の1では費用が間に合わないようになっています。

そこで、どのようにすれば適正な家賃を決めることができるのかを解説していきましょう!

住居係数に注目!

節約などの注力をしている方であれば「エンゲル係数」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?エンゲル係数とは、家計の食費の出費を占める割合を示しているもので、『住居係数』は住居に関する費用が家計の全体的な出費にどれだけの割合を占めているのかを示しています。

この住居係数の値が高ければ高いほど、普段使っている生活費に負担がかかり家計が苦しくなってしまうのです。

無理して決める必要はない

適正な家賃は収入の25%以下と言われていますので、家賃10万円の家に住みたいと言うことであれば最低でも年収480万円が必要ということになります。

しかし、年収が500万円のギリギリの範囲で月10万円の部屋を借りると余裕がありません。

実際に家賃10万円の家に住んでいる方の平均月収が50万円〜60万円というデータがあるため、家賃が10万円であるなら、最低でも5〜10万円の余裕を持っておくと良いでしょう。




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました