日立ビッグドラムの電気代は月1000円?全自動洗濯機とコストを徹底比較!

洗濯

今回は、人気の全自動洗濯機である『日立製のビッグドラム洗濯機』の電気代や使いやすさを、従来の洗濯乾燥機と比較した結果、電気代が安く、洗濯物を干すという煩わしさから解放され、時間にゆとりを持てることがわかりました。  

こんにちは!ヒトカツ編集部です!  

毎日欠かすことのできない家事のひとつである「洗濯」ですが、洗濯は非常に手間のかかる家事。 実際に洗濯をしない家族が思っているほど簡単ではありません。 洗濯は、衣服を洗うことだけではなく、洗った洗濯物を一枚ずつシワを伸ばして干し、乾いたら取り込む、そしてきれいに畳んで家族一人ひとりのタンスにしまうという非常に細かで面倒な作業を伴います。   しかし、そんな作業を大きく減らしてくれるのが、今回対象に選んだドラム式洗濯乾燥機「日立 ビッグドラム洗濯機」です。 このビッグドラムを使うと、

  • 洗濯物を入れて洗うときのスイッチをオンにするだけ
  • 次に洗濯物を出すときにはフワッと乾いた状態
  • 後は畳んでなおすだけでOK!
  • 残りの空いた時間は自分時間にできる

今回は、そんな便利な日立のビッグドラム洗濯機について、その使いやすさと電気代、メリットとデメリットも紹介

 毎日の洗濯に追われてしまい、もっと自分の時間が欲しい!と嘆いてる人はぜひ参考にしてくださいね。

電気料金を安くしたいと思っているあなたに、一番おすすめしたいのが「Looopでんき」です。ライフラインの中で最も使うエネルギーである「電力」を節約して、浮いたお金で毎月少しだけ贅沢をしませんか?

 

【Looopでんきのメリット】
・年20,000円以上の節約を多くの方が実現
・ずっと基本料金は0円(無料)
・業界でも最安水準!初期電力会社なら確実に節約
・手数料・解約金・違約金一切なし
・切り替え簡単!お試し感覚でOK
・トラブル時の駆けつけサービスが無料!

とにかく電気料金が安いというのが、Looopでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果を見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)  
3人以上の世帯例(1月:600kwh/50Aで算出) 9,405円お得
2人世帯の例(1月:500kwh/40Aで算出) 5,004円お得
1人暮らしの例(1月:290kwh/30Aで算出) 4,374円お得
※東京電力エリアで試算  

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

やっぱり気になる電気代は?1ヶ月約1000円で雨の日や花粉の時期も安心!

  洗濯乾燥機で一番気になるのが電気代ですよね!   実際に、従来のヒータータイプとよばれるドライヤーの原理で乾かす方法の乾燥機では1回あたりの電気代が60円以上と、ヒートポンプタイプのビックドラムの4倍以上かかっていました。  

ビッグドラムは洗濯から乾燥までの電気代は1回30円~40円ほど!

洗濯から乾燥にかかる電気代は、洗濯物の量や質によって大きく変化します。それは、大物やジーンズなどの乾きにくいものが多くなると、どうしても電気代が高くなるから。 しかし今回、一般家庭で多く出る3人家族の下着やタオル、シャツやブラウスを洗濯から乾燥までのコストは思いのほか安く、電気代の合計は40円以下とまりました。  

ビッグドラムの節水機能にも注目

    また、電気代が比較的安いというだけでなく、ドラム式の洗濯機は縦型の洗濯機に比べて節水にも長けています。 洗濯にかかる費用の多くが水道代といわれるほど縦型の洗濯機は水を使うのです。 実際に比較すると、6kgほどの洗濯物を洗いすすぎをするのに必要な水量は縦型で約110Ⅼ、ドラム式は約55Ⅼと半分で済むことがわかります。金額にすると、縦型は約22円でビッグドラムは約11円です。

ビッグドラムの使いやすさは?なんといっても強力な乾燥機能が魅力!

ドラム式の洗濯乾燥機を使う最大の魅力は、なんといっても乾燥力』 シワにならずに、厚めの服もちゃんと乾くのかは心配なところ。 しかし、そんな心配をよそに、ビッグドラムはしっかりと乾かしてくれました。   洗濯物を干さなくても良いということは、単に雨の日や梅雨時も安心というだけではありません。 若い女性の一人暮らしであれば下着を含めて、外に干すことをためらう人も多いでしょう。また、最近気になるのが花粉やPM2.5 などの大気汚染物質 外干しせずに室内で乾燥できれば、そんなアレルギー物質に神経質になることからもおさらばできます。   ただし、ビッグドラムが便利といえども、なんでも洗えて乾燥できるわけではありません。 次に、ビッグドラムを上手に使うための注意点を紹介しましょう。  

ビッグドラムを使いこなす!特徴と注意点を紹介します

    最新型のドラム式洗濯機のひとつである「日立のビッグドラム」は、他の最新型のドラム式洗濯機と同様に大型で価格も高くなっています。 縦型の全自動洗濯機に比べると、価格は2倍から3倍近くにもなります。   しかし、用途をしっかりと考えれば十分にもとが取れると思いますので、自分のライフスタイルに合わせて購入して下さい。  

ドラム式洗濯機は精密機械

最新型のドラム式洗濯機は、縦型の洗濯機よりもはるかに複雑な構造になっています。 使われる機械もコンピュータによって制御されており、インバーター制御やヒートポンプなど最新の技術が使われていまので、洗濯の際は容量や使い方をしっかりと守って利用しましょう。  

毎日のお手入れをサボらない

洗濯機のお手入れ?縦型の洗濯機を使っていた方なら、ホコリ取りのネットと洗濯層の洗浄をたまにするくらいだったかもしれませんが、ドラム式はもう少し必要です。 さほど手間がかかることではありませんが、ドアのパッキンや各種フィルターの掃除、洗剤や柔軟剤ケースの掃除をこまめにすることで、乾燥時の嫌な臭いを抑えたり、電気代や水道代の節約になるのでしっかりと行いましょう。   また、ビッグドラム以外でも『ドラム式洗濯乾燥機』は臭い!という声を稀に聞きます。 そんな臭いが気になるときは、機器の不具合の場合が多いので「ドラム式はこんなもの」と思わず、速やかに販売店かメーカーに問い合わせてください、すぐに対処してくれるはずです。  

ドラム式は時間がかかる

これは、洗濯から乾燥までを行うので当然ですが、縦型の洗濯機の洗いやすすぎのように40分ほどでは終わりません。乾きにくいものも入ると3時間以上かかることもあります。 でも、洗濯機のそばにつきっきりになることもなく、次に干す作業もないので便利ですし、夜間の寝ている間に済ませば気になりません。 ただし、多少の「音」はするので、アパートやマンション住まいの方は配慮が必要です。  

日立のビッグドラムを上手につかう!まとめ

このように、最新型のドラム式洗濯機『日立ビッグドラム』の検証をしてきました。 実際に使った方の声を聞いても、小さなお子さんや花粉などのアレルギーを気にすることなく、電気代も安く洗濯から乾燥までできるビッグドラムは大変便利で、買い替えた価値は十分にあるという声が圧倒的でした。 ただし、外干しがメインの方が使うと宝の持ち腐れになってしま恐れがあります。 自分の家族構成やライフスタイルに合わせてビッグドラムを上手に使いましょう!

電気料金を安くしたいと思っているあなたに、一番おすすめしたいのが「Looopでんき」です。ライフラインの中で最も使うエネルギーである「電力」を節約して、浮いたお金で毎月少しだけ贅沢をしませんか?

【Looopでんきのメリット】 ・年20,000円以上の節約を多くの方が実現 ・ずっと基本料金は0円(無料) ・業界でも最安水準!初期電力会社なら確実に節約 ・手数料・解約金・違約金一切なし ・切り替え簡単!お試し感覚でOK ・トラブル時の駆けつけサービスが無料!

とにかく電気料金が安いというのが、Looopでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果を見れば納得ですよね!
料金シミュレーション結果(公式サイト)  
3人以上の世帯例(1月:600kwh/50Aで算出) 9,405円お得
2人世帯の例(1月:500kwh/40Aで算出) 5,004円お得
1人暮らしの例(1月:290kwh/30Aで算出) 4,374円お得
※東京電力エリアで試算  
申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました