ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

住居・お部屋 契約

札幌で一人暮らしをする際の初期費用はいくら?日本で2番目に安い札幌に住む費用を解説!

札幌の初期費用は他とは大違い…驚きの安さに絶倒します。

こんにちは!ヒトかつ運営部です!

大阪や東京とちがい、北海道の札幌で一人暮らしをする際の初期費用となると、なかなか想像がつきにくいかもしれません。そこで、今回は北海道の中心地札幌市で一人暮らしをする際の初期費用・費用の詳細を確認していきます。

その前に、まずは一人暮らしの初期費用が決まる理論を解説しておきます。




結論、一人暮らしの初期費用は家賃5~6ヶ月分+10万円

一人暮らしをする際の初期費用は借りる物件の5~6ヶ月分ほどです。これは札幌に限った話ではありません。

一人暮らしをする際の費用は主に

「賃貸契約にかかる初期費用」

「生活をスタートさせるための初期費用」
の2つ
です。

まずは、賃貸契約にかかる初期費用を見て行きましょう。
賃貸契約にかかる費用はおよそ、家賃の5~6ヶ月分になります。

説明するより以下の表を見た方がはやいですね!以下の表をご覧ください。

料金の種類 料金の目安
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
預かり金(前家賃) 家賃0.5カ月~1カ月分+消費税
仲介手数料 家賃1ヶ月分 が目安
火災保険料 15000円〜20000円程度
保険会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分程度
鍵交換料金 15000円程度
日割り家賃 入居日からの逆算

見ていただくとわかりますが、一人暮らしの初期費用は借りる物件の家賃の5~6ヶ月分です。

※もちろんこの金額はすべての初期費用を払った場合。敷金・礼金がない物件も今は多く存在しますから、この金額より安くすることは可能です。

それでは、以下で札幌の一人暮らしに最適な間取り『ワンルームと1K』の平均的な家賃相場をみていきましょう。

札幌の平均的な家賃はどれくらい?ワンルームと1Kの平均相場を解説!

札幌のワンルームと1Kの平均的な家賃は4万5,000円程です。

札幌市の中でも都心のワンルームや1Kは、東京や大阪などと比べてかなり安いことがわかります。その差はおよそ3万円。
以下の図をご覧ください。

【参考】ワンルーム・1K・1DK/マンション・アパート・一戸建ての相場表

札幌の中心部でおよそ家賃の平均は5万円程度になっており、札幌の中でも地方に分類される地域は、4万円を切る家賃が当たり前になっています。

日本の他の都市と比較しても1番初期費用が安くなっています。

ワンルーム&1Kの家賃

日本の都市部 最も高い家賃/平均家賃 賃貸契約に必要な初期費用の目安
札幌 4.55万円/3.9万円 20万円ほど
仙台 5.99万円/5.4万円 25万円ほど
東京 14.50万円/9.2万円 50万円ほど
名古屋 6.61万円/5.85万円 35万円ほど
大阪 7.14万円/5.2万円 30万円ほど
福岡 5.81万円/4.5万円 25万円ほど

それではもっと詳しく札幌市内の平均家賃をみていきましょう。
札幌市内はおよそ10区ほどの区に分けられています。

札幌の各地域の家賃相場

最安家賃相場 平均家賃
中央区 1.9万円 4.23万円
北区 1.5万円 3.72万円
東区 1.8万円 3.39万円
白石区 1.5万円 3.25万円
厚別区 1.9万円 3.33万円
豊平区 1.5万円 3.43万円
清田区 1.9万円 2.8万円
南区 1.8万円 3.09万円
西区 1.7万円 3.45万円
稲手区 2万円 4.04万円

※最安家賃はあくまで相場です。また、こちらに告知物件は含まれておりません。

もっとも家賃の平均相場が安い地区は、札幌市清田区の2.8万円でした。

初期費用を安くするために家賃を安くする方法もありますが、家賃を安くするだけが初期費用を抑える方法ではありません。

札幌市の中でもむやみに安い家賃を探すのではなく、ご自身にあったお部屋で初期費用を安く抑える方法を見つけていくことをおすすめします。

一人暮らしの初期費用を抑えるコツは?引っ越し前でもすぐできる節約術を解説!

以上が、およそ家賃に関係する初期費用の計算方法とおよその価格になります。

以下では、2つかかるうちの初期費用の2つ目。
一人暮らしの生活を始める際に必要となる家具・家電を合わせた初期費用の額と内訳をご紹介いたします。

札幌で生活を始める際の初期費用はおよそ10万円ほど

札幌に限定しないのですが、一人暮らしの生活を始める初期費用はおよそ10万円ほどです。

以下の内訳をご覧いただいた方が早いですね。

生活をスタートさせる費用の内訳

冷蔵庫 2万円
洗濯機 2万円
電子レンジ 5,000円
掃除機 1万円
炊飯器 1万円
テレビ 3万円
テーブル 5,000円
布団&枕 5,000円
絨毯 3,000円
合計 10万8,000円

以上の内訳で一人暮らしにはおよそ10万円ほどがかかってくることがわかります。

家具・家電の買い方のおすすめは公式サイトor家電量販店

家具・購入はインターネットか家電量販店がおすすめですが、Amazonや楽天といった総合ショップで買わないことをおすすめします。

理由は仲介手数料がかかるから。以下をご覧ください。

こちらは左が楽天・右がAmazonです。
こちらに載っているのは新生活セットとして出品されているものですが、上の表と合わせても新生活を送るものとしては家具・家電が少ないですし、価格が高いのがわかりますね。

そこでおすすめはアイリスオーヤマの家具・家電セットです。

アイリスオーヤマの1番魅力的なポイントは生活を始めるために必要な家電に、テレビや電気ポッドがついているということ。

基本的に新生活セットはキッチン周りの家電が多い中、アイリスオーヤマの新生活セットは一人暮らしの生活が充実するための家電まで揃っているため、はじめて一人暮らしを始めるという方に非常におすすめです。

このセットをご覧たいただくとわかりますが、

このセットをこの価格で買えるのはアイリスオーヤマの公式サイトだけ。
一人暮らしの家具・家電の購入で困っているならアイリスオーヤマで購入することが一番の方法と言えるでしょう。

とは言え、すぐに買ってしまうのは危険です。しっかりと価格を見て判断してくださいね。

アイリスオーヤマの家具・家電セットの購入・価格の確認はこちらから

引越し業者をおすすめしない理由

一人暮らしをするのにあたって引越し業者に依頼して引越しをするのはおすすめしません。

その理由は、引越しは移動距離と時期によって初期費用が30~50万円ほど増えるからです。

特に、札幌は広大な敷地を誇る北海道ですから、移動範囲は他の地域と比になりません。
実際に東京から北海道への引っ越しで見積もりが100万円を超えることもあたりまえのようにありますので、無理に実家にあるものを移し替えることはしない方がいいでしょう。

そもそも、実家から一人暮らしというケースがほとんどですので、新しく買うという場合が多いと思うので、家具・家電はネットで購入して新居の住所に届くようにしましょう。




札幌での生活費はどのくらい?1ヶ月の生活費の目安は?

一人暮らしの初期費用を確認するなら、その月の初期費用も先に確認しておきましょう。
札幌で生活する月々の費用はおよそ11万8,000円ほど。以下が内訳になります。

支出項目 支出金額
家賃 5万円
水道・光熱費 1.5万円
食費 3万円
生活用品 5,000円
通信費 5,000円
雑費 3,000円
娯楽費 1万円
合計金額 11万8000円

札幌は日本の都市でありながら、各都市と比べても家賃が安く、物価も安い傾向があります。

しかし、札幌に住むにはそれぞれにメリット・デメリットがあります。

人によっては札幌が合わないことがありますので、メリット・デメリットをしっかり確認して、一人暮らし生活に備えましょう。

札幌に住むメリットは?

家賃が安い

家賃が安いのは説明した通りですが、各都市と比較して札幌は一番家賃が安いです。
生活コストの大部分を占める家賃が安いのは、学生や新社会人の方にとっても住みやすいため、嬉しいポイントですね。

料理がおいしい

北海道といえば美味しい「食」とくに北海道の都市である札幌は北海道全土の食文化が集まっているため、どこにいっても料理が美味しいのに間違いはないでしょう。

住んでいる場所がわかりやすい

意外なポイントですが、北海道は京都と同様に住んでいる場所が〜条という風に分けられており、札幌の区画も真っ直ぐになっているため、住所がわかりやすく、道に迷うことが少ないです。

スギ花粉に悩まされない

著者自身、重度の花粉症ですが、2年北海道に住んでいた経験からして、本当にスギ花粉がなく花粉症に悩まされることはありませんでした。
スギの花粉症がひどい方は移り住んでみると本当にメリットを理解できると思います。

札幌に住むデメリットは?

光熱費が高くなる(特にガス代)

札幌だけでなく、北海道なら全域ですが、基本的に光熱費が高いです。

特に北海道はエアコンはなく(室外機が雪でおけないから)、ガスストーブで生活をすることが多くなります。

札幌は都市ガスになっているためプロパンガスは稀かと思いますが、家賃が安い代わりに冬は光熱費が高くなります。

冬はガス代だけで1万円を超えることは覚悟しておきましょう。

札幌での一人暮らしの光熱費の内訳について【80%がガス代の現実】

時給や日給が安い

都市とはいえ、北海道自体が地方としてみられがち。その理由は、時給の安さにあるでしょう。
札幌は日本の都市のなかでも下から2番目の最低時給861円です。

地域 時給
東京 1,013円
大阪 964円
名古屋 926円
北海道 861円
福岡 841円

そのため、札幌に住んで貯金がしたい!と考えている方は、バイトなどではなく、フリーランスなどの形で稼げる道を作って行った方が良さそうです。

初心者からいきなり稼げる?ズボラでバイト三昧の僕が稼げた技術がなくても稼げるバイト以外の方法。

まとめ!札幌での一人暮らしは36~40万円ほどあれば問題ない!

いかがでしたでしょうか?

今回は北海道の中心都市である「札幌市」に限定して、一人暮らしを始める際の初期費用について解説してまいりました。
北海道に関わりなく、一人暮らしの初期費用は家賃の5~6ヶ月分+10万円という形で考えておくことが一番大切になります。

北海道は家賃が安く、物価も安い。学生や新社会人の方にはおすすめの地域になります。

最後まで読んでいただいて誠にありがとうございます。この記事が皆さんの札幌で一人暮らしをする際にお役に立ちますことを切に願っておりおります。

それでは、また。

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です