ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

節約 費用 電気

【警告】札幌に家族で住むと光熱費はいくらかかる?暖房の燃料選びで2倍以上の差に!

札幌の戸建て住宅の光熱費を調査したところ、札幌市で1年間にかかる金額は平均で31万2818円、東京都区部では28万83円(総務省統計局 平成27年度「家計調査」二人以上の世帯の場合)であることがわかりました。

 

その差は約3万3000円で、月平均にすると札幌市のほうが約2750円ほど高くなっています。

 

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

 

東京では夏のエアコンの電気代が高くなりますが、札幌市では夏よりも冬の暖房で電気代やガス代、灯油代が増加する傾向にあります。このように、光熱費が多くかかる時期は違いますが、年間のトータルコストは意外に小さいことがわかります。

 

しかし、寒い時期が1年の半分以上もある札幌では、暖房にかかる電気やガス、灯油の費用と選び方が重要。

 

なぜなら、北海道では10月頃から続々と初雪の便りが届き始め、東京や大阪などの大都市では、まだまだ夏の気配が残る頃から、札幌では本格的な冬が始まるのです。

 

北海道では、毎年だいたい10月頃から翌年の5月ころまで暖房器具を使います。10月~5月ということは、1年のうちで実に8ヶ月間も「冬」があるということ。

 

逆に夏場の冷房を使うことは多くありませんが、最近は北海道でも8月の数週間はクーラーを使いたくなる日もあります。

 

このように、北海道の生活で重要なポイントは、寒い冬と暑い夏をどのように乗り切るかです

 

この記事では、札幌で生活する際に気になる光熱費について詳しく解説してまいります。これから札幌で新生活を始めるご家族の参考になれば幸いです。

札幌の戸建て住宅の光熱費!注意すべきポイントは都市ガスと物件選び!

 

札幌の戸建て住宅、その光熱費を大きく左右するのが暖房費用です。

 

北海道で暖房に使うのは、東京や大阪でよく使うエアコンではなく、石油やガスのストーブが主体。

北海道ではエアコン暖房では追い付かないので、ガスや石油ストーブの火力で強い暖房をしないといけません。

 

とくにガスを利用する場合は、ガス代を大きく左右するのが「都市ガス」か「プロパンガス」か。

これは住宅事情によって変わりますので、物件を選ぶ際には注意が必要です。

 

プロパンガスは単価が都市ガスの2倍以上高い?

 

もしも住む家に都市ガスが引かれている場合、ガスの単価は、東京をはじめとする他府県の都市と大差はありません。

 

しかし、北海道の住宅でプロパンガスを使う際には、ガス代が都市ガスの2倍以上になることも。

 

都市ガスの料金単価は、電気と同じように地域で大きな差が出ないように調整されています。

しかし、プロパンガスは地域や供給店によって価格を自由に設定でき、北海道は特に高い料金となっている場合が多いのです。

 

このことからも、札幌で住宅を選ぶ際には、必ず都市ガスが引かれている物件を選ぶようにしてください。

 

 

暖房に使うエネルギーはガスor灯油?コストで見ると灯油が絶対におすすめ!

 

では次に、暖房に使う燃料について考えてみます。

 

暖房に利用されるおもな燃料は以下の4つ。そして、それぞれ1円あたりの熱量を比較します。

 

各エネルギーの熱量は

灯油・・・・・・1Lあたり10500kcal

都市ガス・・・1立方あたり11000kcal

プロパン・・・・1立方あたり24000kcal

電気・・・・・・1kwhあたり860kcal

となっており、料金の1円あたりの熱量に換算すると

灯油・・・・・・・・87.5kcal

都市ガス・・・・・・61.1kcal

ロパン・・・・・・40kcal

電気・・・・・・・・31.8kcal

となり、灯油が一番お得なことが分かります。(※2020年1月の札幌市平均相場で換算)

 

このように札幌の住宅で暖房器具を選ぶなら、灯油ストーブが絶対おすすめ。灯油ストーブを使うと、ガスに比べて約2割~3割も暖房費が節約できる可能性があるのです。

 

灯油をメインすると、だいたい札幌の戸建て住宅の暖房の燃料代は1ヶ月で15000円~20000円程となります。

 

 

札幌生活の電気代はいくら?エアコンを使わないから安い!

札幌生活では電気代が安く感じます。それは、北海道以外の地域に比べてエアコンを使う機会が少ないから。使ったとしても8月のほんの数週間程度です。

 

4人暮らしの家族で、冬場に電気カーペットなどを使って1ヶ月12000円ほど。夏の安い時期だと半分の6000円未満で済みます。

 

 

札幌の水道代はいくら?水道代は東京暮らしとほぼ同じです!

札幌生活での水道代では毎月5000円~6000円程度で、東京の生活とあまり変わらずでした。

北海道だからといって、水道を多く使うことも少なくなることもほとんどありません。

 

ただ、札幌以外の地域によっては水道代が異常に高いところも。夕張市は全国でもトップレベルに高いことで有名で、上下水道をあわせると倍近い地域もあるので要注意!

 

北海道の一人暮らしにかかる光熱費のまとめ

以上、札幌の戸建て住宅にかかる光熱費をまとめてみました。

 

札幌で暮らすには、どうしても冬場の暖房にかかる費用が大きな負担になります。ピーク時には、光熱費の総額が35000円ほどになることもあります。逆に、夏場の電気代はエアコンを使わない分割安になるので、その分を冬場に蓄えておくイメージです。その他にも、断熱性の高い住宅を選んだりして暖房費を少しでも安くする工夫も。

 

近年は温暖化の影響で、北海道でも冬の期間が若干短く感じられます。冬のストーブに灯油を使うなどして上手に節約すれば、より快適な札幌ライフを家族で送れるでしょう。

 

空気が綺麗で、食べ物も美味しいのが札幌の魅力。ぜひこの記事を参考に、楽しい札幌ライフを満喫して下さい!

【関連記事】札幌の一人暮らしの光熱費はいくら?平均1.5万円のリアルな内訳とは?

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です