ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

住居・お部屋 契約 節約 費用

神奈川で一人暮らしをするなら初期費用はいくら?平均40万円のリアルな内訳は?

東京とは全く違う。そんな神奈川での初期費用は…?

こんにちは!ヒトかつ運営部です。

関東県で一人暮らしに人気がある、神奈川県。

都市横浜があり、お洒落な観光地もたくさんあり、学生にとっての最高の遊び場である東京に隣接している神奈川県ですが、神奈川で一人暮らしをするにはどれくらいの初期費用が必要になるのでしょうか?

実は東京に住むより隣の神奈川に住む方が圧倒的にお得に一人暮らしができるのです!
そこで今回は、神奈川県で一人暮らしをする際に必要となる初期費用いついて解説して行きます。

本ページの最後では一人暮らしの初期費用を10万円以内に抑えるかなりパワフルな方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!




結論、神奈川で一人暮らしをするには『40万円』の初期費用が必要

一人暮らしを始めるにあたっての初期費用は

「賃貸を契約するのにかかる費用」と「生活を始めるのにかかる費用」の2つの初期費用が必要になります。

それら全ての費用を合わせて一人暮らしを始めるのに40万円です。

これらの金額を導き出すには【契約する物件の家賃の5~6ヶ月分+10万円程】の公式に当てはめてみると概算がわかります。

それでは40万円の費用の内訳を見てみましょう。
まずは「賃貸を契約するのにかかる費用」から。

賃貸契約をするのにかかる初期費用は物件の家賃の5~6ヶ月分

賃貸契約をするのにかかる初期費用は、契約する賃貸物件の初期費用の5~6ヶ月分が目安になります。
以下の内訳をご覧になった方がわかりやすいです。

賃貸を契約するのにかかる費用

料金の種類 料金の目安
敷金 家賃1ヶ月分
礼金 家賃1ヶ月分
預かり金(前家賃) 家賃0.5カ月~1カ月分+消費税
仲介手数料 家賃1ヶ月分 が目安
火災保険料 15000円〜20000円程度
保険会社利用料 家賃0.5~1ヶ月分程度
鍵交換料金 15000円程度
日割り家賃 入居日からの逆算

表をみてみるとわかるように、賃貸契約をする費用は家賃の5~6ヶ月分ほどの費用がかかってきます。

この金額を見て「そんなお金用意できない!」と思った方もいるかもしれませんが、そこまで不安に思う必要はありません。

うまく物件を選べば、敷金や礼金がない物件を契約して家賃の4~5ヶ月分ほどの費用に抑えることもできますので、予算が足りてないからと言って諦めてしまってはいけません。

以下でも述べますが、最低10万円からでも一人暮らしを始める方法もご紹介してますので、参考まで。

それでは神奈川県の平均的な家賃を見て公式に当てはめてみましょう。

神奈川の平均家賃

神奈川県の主要地域 家賃
横浜 75,000
川崎 70,000
相模原 45,000
鎌倉 65,000
座間 42,000
平均 59,400円

※神奈川の主要な地域を集め、神奈川県のおおよその平均家賃を算出しています。

神奈川県での一人暮らしの初期費用は59,400です。つまり、この金額に5~6をかけると賃貸契約に必要な金額、約30万円という金額が必要になることがわかります。

そして、物件を契約するのにかかる費用にくわえて、一人暮らしの生活をスタートさせる金額およそ10万円を上乗せさせる必要があります。

だから累計して約40万円ほどあると良いことが分かりますね。

一人暮らしの生活をスタートさせる費用は約10万円

生活をスタートさせる費用の内訳

冷蔵庫 2万円
洗濯機 2万円
電子レンジ 5,000円
掃除機 1万円
炊飯器 1万円
テレビ 3万円
テーブル 5,000円
布団&枕 5,000円
絨毯 3,000円
合計 10万8,000円

非常にシンプルな内訳になっており、ここからさらに家具家電を買い足しをしたり、調理器具を買う必要があるので、さらに数万円の費用がかかってくることになります。

しかし、多くの場合一人暮らしを初めて1ヶ月~2ヶ月ほどの期間で足りないものを買い足していくケースが多いですから、まずは上の家具・家電を揃えておけば問題ないでしょう。

家具・家電を買うのはどこがおすすめ?

 

家具・家電を買う方法は主に、ネット購入or家電量販店の2択になるかと思いますが、具・家電の売買を一括しているインターネット公式サイトが最も安全かつおすすめです。

その中でもおすすめはアイリスオーヤマの公式ストアです。

対照的にAmazonや楽天といった総合ショッピングストアで購入するのはやめておいた方がいいでしょう。

その理由は2つ。「保証機能がない可能性」と「仲介手数料」です。

Amazonや楽天は在庫を抱えている販売店が出品している場合がほとんどで、メーカーの保証期間が切れてしまっている商品が複数あります。

もし、購入して届いた商品がすぐに壊れてしまっては元も子もありませんし、家電の場合壊れて捨てるからといっても一つにつき数万円の金がかかってきてしまいます。

次にネックになってくる理由は仲介手数料です。

仲介手数料はAmazonや楽天といった総合ショップは販売店の他にオンラインショップに出品することに対する仲介手数料でビジネスが成り立っていますから、実際に家電量販店で売られている値段より高く購入してしまうケースは多くあるのです。

神奈川でも可能!?一人暮らしの全ての費用を10万円で開始する方法とは?

先ほど少し述べましたが、一人暮らしの全ての費用を含めて10万円で開始することは可能です。
以下ではその具体的な方法の一部をご紹介していきます。

フリーレント物件で初期費用ゼロへ

フリーレント物件とは、敷金・礼金はもちろんその他多くの初期費用がゼロで入居が開始できる物件のことを言います。




神奈川県での生活費はどれくらい?東京との差は?

神奈川と東京は隣接しており「どっちに住もうかな…」と考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで神奈川県と東京都の生活費と初期費用の差を比較してみましょう。

 

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です