電気ケトルとガスはどっちの方が安い?どちらが早く沸くかも比較しました!

ガス

最近では水を沸かすのにやかんを使わなくなった時代。

様々な種類の電気ケトルが普及しているため、電気ケトルでお湯を沸かした方が安く済むともいわれますが実際はどうなのでしょうか?

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

水を沸かすにあたっては電気ケトルとガスコンロを使うやかんではどっちの方が、水を沸かすのが安く済むのか?

今回はそんな疑問に答えていきます。

どっちの方が早く水が湧くのかも調査して比較していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

電気ケトル・やかん・電気ポットでお湯を沸かすといくらかかる?ランキングで発表!

結論から申し上げますと、光熱費ランキングは…

1位 やかん

2位 電気ケトル

3位 電気ポット

となりました。

では、実際に1Ⅼのお湯を沸かすコストで計算してみましょう。

(電気代は1kwhあたり27円、ガス代は1㎥あたり180円とします)

1位のやかんの場合

やかんで1Ⅼのお湯を沸かすコストは約2.5円で第1位となりました。

しかし、やかんで沸かす場合はお湯が沸くまでコンロから目が離せないので、意外にめんどくさいというデメリットがあります。

2位の電気ケトルの場合

電気ケトルで1Ⅼのお湯を沸かすコストは約3.5円かかります。保温こそできませんが、5分~6分くらいで沸かすことができ、しかも電気で安全なところがメリットです。

3位の電気ポットの場合

電気ポットで沸かす場合は、だいたいポットの容量が2Ⅼのものが多いのでその際の約8円÷2=約4円としました。

保温を使うと24時間で約27円のコストがかかりますが、いつでもお湯が使えて、しかも90℃や80℃など温度も選択できるので、お茶やコーヒーなどを好みの湯温で淹れることができて便利です。

(※美味しくお茶やコーヒーを淹れたい場合は、沸かしたての新鮮なお湯がベストです)

電気ケトルややかんはどちらが便利?使用目的で使い分けましょう!

お湯を沸かすのに電気ケトルを使うか、それともやかんが良いかは、あなたが何に使うかで選びましょう。

ちょっとお湯を沸かすなら、やかんで少量を沸かすのに便利。客さんがきて、数杯分のコーヒーや紅茶のお湯ならば、側につきっきりにならなくても良い電気ケトルが便利ですね。

また、大量のお湯が必要なカップ麺などを作るには、電気ポットや大きなやかんが向いています。

ちなみに、私の家ではレトロなやかん一択です(笑)

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました