電気代が安い冷蔵庫とは?年式やサイズ、電気契約プランで電気代が1/5に

節約

冷蔵庫の電気代を調査した結果、年式やサイズ、電気料金の契約プランによっては1/5以下にまで電気代が下がることがわかりました!

いま、世界中で省エネが叫ばれる現代社会では地球温暖化や環境破壊が問題になっています。

そんな中で電気の消費量が最も多い家電製品のひとつである冷蔵庫を買い替えるときには、やはり電気代や省エネが大きなポイントになりますよね。

実際に、家電製品は10~20年前に比べるとめざましく省エネ化が進んでいます。

エアコンをはじめLED照明やLEDバックライト液晶テレビなど家庭の中で多く電力を消費する物ほど尽力。

冷蔵庫はその中でも特に電力消費が大きい家電製品ですので、各家電メーカーも必死に取り組んできました。

今回は、そんな冷蔵庫の省エネ化にともなう機能により、年間消費電力量が少なくて電気代を大きく節約できる冷蔵庫のタイプを紹介していきます。

この記事が冷蔵庫の買い替えをお考えの方や、新たに購入を検討される予定の方のお役にたてれば幸いです。

冷蔵庫の省エネ機能とは?20年前に比べると電気代が1/5になった理由も解説!

冷蔵庫の電気代は昔に比べて安くなった、ということはよく聞かれます。しかし、実際に自宅の冷蔵庫の年間消費電力量をご存知の方は少ないのではないでしょうか?

我が家が数年前に冷蔵庫を買い替えたとき、20年近く使用した冷蔵庫のドア内部に記された年間消費電力量を何気なく見て驚きました。

それは、電気屋さんに下見に行って最新型の同じメーカーの同じサイズの冷蔵庫の年間消費電力量を比較したら消費電力量がなんと1/4になっていたからです。

それから家中のエアコンや照明器具、テレビの消費電力量を調べて電気代をシミュレーションしたら大幅に電気代が安くなることがわかりました。

それから、冷蔵庫とエアコン、照明器具を新しく省エネタイプに交換し、エアコン1台を子ども部屋に追加して使用したところ、電気代が夏や冬のピーク時に2万円を軽く超えていたのに、今の電気代は7000円程度と古い家電を使っていた頃の1/3になったのです。

それでは、冷蔵庫の電気代が20年前や10年前と現在の最新機種でどれくらい下がるかを具体的に比較してみましょう。

古い冷蔵庫の電気代を比較

我が家で使用していた冷蔵庫は今から20年ほど前の1999年製の冷蔵庫でした。当時の450Ⅼサイズの年間消費電力量は、おおよそ1100kwh/年で年間の電気代は29700円/年ほどかかっていました。(1kwhあたり27円で統一)

それから10年後の2008年頃には、いっきに省エネ機能が進み370kwh/年で年間の電気代が9990円/年と1/3になっています。

そして今、我が家で使用している462Ⅼの冷蔵庫の年間消費電力量は264kwh/年で消費電力量は1/4になり、電力自由化によって契約する電気プランが変わり電力単価が下がった(1kwhあたり約27円が約21円に)こともあって実質は5544円と1/5以下になったのです!

このように、最近の家電製品は20年前に比べると格段に省エネ化が進んだうえに、電力自由化によってご家庭にあった電力プランを選ぶことで大幅に電気代を節約できます。

ただ、これほどの省エネ冷蔵庫は各メーカーが出している上位機種で、お手頃価格の同サイズの年間消費電力量は450kwh前後。

そうなると年間の電気代は5000円程度上がってしまいますので、10年使えば5万円以上多く電気代がかかります。

新しく冷蔵庫を買い替える際には、本体価格だけではなく機能性と電気代などを見越して買い替えることが大切です。

電気代が安い冷蔵庫を選ぶ!一緒に電気プランも調べてみましょう!

年間消費電力量が少ない冷蔵庫であれば電気代は比例して安くなりますが、そもそも高い電力を買っていては意味がありません。どうせなら長く毎日使う冷蔵庫ですので、電力プランも見直してみましょう!

電気代の安い冷蔵庫の選び方

電気代の安い冷蔵庫を選ぶ基準は、冷蔵庫の年間消費電力量が基準になります。電気屋さんにいけばPOPや値札付近に必ず表記されているはずです。また、カタログや冷蔵庫本体のドアの内側にも表記されています。

いま販売される冷蔵庫で、最も年間消費電力量が少ないのが400~500Ⅼくらいの上位機種です。

冷蔵庫は小型のほうが冷やす体積が小さいので電気代も安いと思われがちです。

しかし小型の冷蔵庫はどうしても本体価格が安くなるために、省エネ機能の要であるインバーター制御装置や真空断熱材などの高価な機能を搭載できないので省エネ機能が上位機種に比べて劣るのです。

上位機種は、本体価格が安い小型の冷蔵庫に比べると省エネですが購入価格はどうしても高く、ものによっては2倍以上に。

しかし容量が大きい上に、冷蔵や冷凍の付加機能も充実しており使い勝手の良い冷蔵庫になります。

特にお子様のいるご家庭のように冷蔵や冷凍を多用するご家族では、高性能な冷蔵庫はおかずの保存やお弁当のおかずの作り置きなどの利便性が格段にアップすること間違いなしですよ。

電力プランも考える

電力の自由化が始まったのは2016年です。それから3年以上が経ち、今では自由に選べる電力供給会社が増えて電力会社や料金プランを選択するのに苦労するほどになっています。

もともと電気代の従量料金は、電気の消費量が少ない契約者ほど安くなっており、逆に消費する電力が多いほど基本料金も従量料金も高くなるシステムなのです。

我が家もマンションのわりに消費電力量が多いプランだったので、マンション全体の団体割引のついたプランに変えたことで。一気に電気代が下がりました。

今お使いの家電製品の電力消費量と毎月の電気消費量、電気のプランが分かれば、新たな家電製品に変えたときに電力プランの変更が可能かも分かりますので、いちど電気店や電力会社に相談してみるのもお勧めです。

最近の家電製品の省エネ化は最新技術が行きついたのか落ち着きをみせています。とくに古い家電製品をお使いのご家庭は、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました