【物件高騰中】石垣島は不動産バブル?身軽な生活で家賃4万円生を実現!

住居・お部屋

近年人気の移住生活!その中でも、20代から60代までの男女を問わず1番人気なのが沖縄地方。

そんな沖縄の島々のなかで、いま石垣島に注目が集まっています。

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

今回は、沖縄県の石垣島への移住情報を詳しく解説しながら、石垣島での上手な住居の選び方と石垣島特有の暮らし方をご紹介します。

石垣島に興味のある方はもちろん、沖縄県に移住を検討中の方も、ぜひ参考にして下さいね!

沖縄県石垣島の住宅事情は?不動産物件が高騰中です!

石垣島の移住で問題となるのが住居ですが、その人気で住宅価格は異常に高騰しており、一戸建や分譲マンションてに至っては中古物件でも3000万円を優に超えています。

3000万円以上となると、なかなか一般人には手が出ない価格ですよね。

そこで、石垣島の賃貸物件を紹介していきましょう。




石垣島の賃貸住宅は約4万円~

石垣島でも賃貸アパートなら月に4万円くらいから借りることができます。また、賃貸の一戸建てもあり、古民家などは7~10万円程度で大きめの戸建ても借りることができます。

石垣島の物件価格の目安

中古物件価格 賃貸家賃
一戸建て 3000万円~ 70000円~
アパート・マンション 4000万円~ 40000円~

このように、石垣島の物件はいまどんどん高騰しており、マンションの分譲販売はほとんどありません。現在販売されているマンションも4000万円ほどの物件が数件あるのみとなっています。

そこで、まずは石垣島を良く知るためにも、賃貸物件での仮ぐらしがおすすめです。

石垣島での暮らしは、家賃を安く抑えれば抑えるほど部屋が狭くなってしまいます。

そこではモノを持たない「身軽な生活」がもっとも住みやすい生活になるのです。

石垣島ってどんな島?

沖縄県の中でも最西端に近い石垣島は、西表島などとともに八重山諸島の中のひとつとして位置しています。その気候は、沖縄本島よりもさらに亜熱帯の要素が強く、そこに「冬」という季節はありません。

そんな八重山諸島最大の街があるのが石垣島です。

石垣島の人口は2000年に43302人でしたが、2020年には47770人と増加しており、移住ブームによる人気がうかがえます。

また八重山諸島の有人島12島全体の人口が52000人余りなので、そのほとんどが石垣島に在住していることがわかります。

石垣島での持たざる暮らしとは?要らない物を徹底的に省くシンプル生活

石垣島での「身軽な生活」とは、極力モノを持たない生活のこと。

石垣島の移住生活では、徹底的に「無駄を省く」生活をおすすめしています。

そしてもう一つの大切はことは「期待を持たない」こと。

これは、南の島でのんびりと「楽園生活」を過ごそうと期待しすぎないという意味です。

とにかく南国の暮らしでは「欲」を捨てることが成功への近道なのです。

石垣島の暮らしとお金のやりくり

石垣島の暮らしは本土の生活とは違い、モノを持っていても使う場所がありません。

家も車も必要最低限な大きさの物で良いし、高級な物よりも実用的で長持ちするものの方が

役立ちます。要らないものは要らないのが島の暮らしです。

石垣島で暮らすにはお金のやりくりも大切。ここも、キーワードは「無駄を省く」です。

島の暮らしで高いのは食費、日用品などの生活必需品です。逆にレジャー費用や娯楽費用は極力減らしたいもの。島にある風土や自然を楽しむために移住するわけですから、DIYで部屋を使いやすくしたり、魚釣りでもすれば食費も浮くので最適な娯楽になります。

そんな自分の趣味にあった実用的な楽しみ方を見つけるのも島暮らしの成功ポイントです。

石垣島で必要なモノは、沖縄の八重山諸島の特有の自然や風土、住民の文化を受け入れる器の大きさです。

移住失敗の原因は3つ

石垣島に移住する人が、島になじめずに失敗する大きな理由は

  • 「お金の失敗」
  • 「仕事の失敗」
  • 「人間関係の失敗」

の3つがほとんどです。

「お金の失敗」

石垣島の物価を安いと思って移住したのに、実際は高くて生活していけないパターンです。石垣島の生活費は決して安くはありません。沖縄や本土から遠く離れた地なので、輸送費がかかり価格は高くなります。だからこそ、余計な費用を使わないシンプル生活が大切なのです。

「仕事の失敗」

石垣島で暮らすので、まず現地へ行ってから仕事を探そうと、なんの準備もせずに島に来ると仕事が見つからないままお金が尽きてしまいます。移住ブームで物価は高騰していても、

それはあくまで不動産バブルのような現象で、ほとんどの産業で人は足りているので雇用が多くはありません。そこで、どこにいても仕事ができるようなスキルや資格があれば安心ですね。リモートでできる仕事以外でも、介護系、保育士などは比較的求人が多くなっています。

「人間関係の失敗」

石垣島で人間関係で失敗する方は、沖縄独特の習慣になじめない人が多いです。

地域で密接な人間関係を築くのが沖縄地方の特徴で、プライバシーやクールな人間関係を好む都会の人間関係とは真逆です。

そのかわり、時間や約束事にはルーズな一面もあるのでなじめない人が多いのかもしれません。

しかし移住者はあくまで「よそ者」です。移住者がその地にのやり方に合わさなければだれも相手にはしなくなります。地域の人や雰囲気に積極的に合わせられる人が移住生活に成功できる人になります。




石垣島で身軽な生活のまとめ

いかがでしたでしょうか?ここまで、石垣島の暮らしのポイントについて解説してきました。

このように、沖縄地方の中でも最西端にある八重山諸島では、沖縄本島よりも南国的な雰囲気があり風土も異なります。

石垣島は、八重山諸島最大の街があるとはいえ決して都会ではなく、物価の高い田舎町といったイメージです。そんな石垣島では、南国特有のオープンな雰囲気を1年中感じられ、青い海と空は心を癒してくれるでしょう。

石垣島の暮らしは、シンプルで気張らないのが一番です。良い部屋に住みたいとか、島でガッツリ稼いで豊かに暮らすといった場所でもありません。

八重山諸島、石垣島特有の南国の雰囲気を楽しみながら「のんびりと頑張れる人」

そんなあなたは石垣島での移住生活を満喫できるでしょう。石垣島はおすすめですよ!

【関連記事】【国内編】移住するならどこ?あなたにピッタリの移住先を紹介もぜひご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました