【決定版】ノマド移住するならどこ?あなたにピッタリの移住先を紹介

移住

リモートワークやセカンドライフなど、これまでとは違った生き方が見直されているいま、『移住』という考え方が注目されています

 

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

 

これまでの移住といえば、定年退職後のセカンドライフにUターンして、慣れ親しんだ故郷で暮らすという考えがほとんどでした。

 

しかし今では「Jターン」や「Iターン」などの新しい言葉も生まれ、移住生活のありかたも非常に多様化しています

 

ここでは【国内編】と題して、日本国内の人気の移住先や、おすすめの地域や場所を紹介してまいります。ぜひ参考にしてくださいね!

 

移住と引っ越しの違いは?自分に合ったライフスタイルで生きる新しい暮らし方が移住生活です

毎日の仕事や家事、子育てに追われ、自分を見つめなおす時間も持てずに暮らす現代人。

狭い都会の家に住み、自分や家族と満足にコミュニケーションを取ることもできない。

 

そんな都会での生活に疲れ、今ある環境を離れて暮らしたい。暮らしの中で仕事や他人との付き合いよりも、家族や自分自身が充実した時間を過ごしたい。そんなライフスタイルを、多少不便ではあるけれど、自分の思い描くライフスタイルに合った場所に移り住んで実現すること、それが移住生活の本質です。

 

基本的な移住のスタイルには、先にあげた「Uターン」「Jターン」「Iターン」という3つの代表的なスタイルがあります。

 

Uターン移住

 

Uターン移住は、地方で生まれ育った人が都市へ移住し、再び生まれ故郷に戻ることをいいます。

 

    →   → 

 

知らない土地へ移住する新鮮さよりも、生まれ故郷という知った土地へ戻るの分、人や文化への理解や認識もあるので安心できる方法です。

 

Jターン移住

 

Jターン移住は、地方で生まれ育った人が都市へ移住し、生まれ故郷の近くの地方都市に移住する際に使われる言葉です。

 

    →   → 

 

生まれ故郷が田舎で不便な方が、自分の勝手知ったる土地で便利に住みたいという、定年後のセカンドライフを都会から離れて過ごしたいという方に人気の方法です。

 

Iターン移住

 

Iターン移住は、もともと都会生まれの人が、自分が憧れる自然豊かな土地へ憧れて移住する方法です。

 

   →  

 

最近人気の移住パターンですが、リサーチ不足のまま勢いでで移住し「思っていた暮らしと違う」と移住を失敗するのは、この『Iターン移住』のパターンがほとんどです。

 

移住すれば自由な生活が保障されるの?自由な生活にはしっかりしたリサーチが必要

移住で失敗するひとの多くは、とりあえず田舎に行けば安くて自由な暮らしが満喫できると安易に考えて移住する人。

 

それは、自分が住みたいと思える自然環境だったにも関わらず、その土地の文化や人に馴染めなかったというパターンがほとんどです。

 

移住する前には十分なリサーチが必要

 

移住生活を成功させるには、何よりも移住する前に現地の十分なリサーチをしておくことが必要です。

 

自分に合った環境探しはもちろんですが、本当に都会よりも不便な土地を楽しむことができるか。そして、その土地の文化や人に馴染めるかが最も大きなポイントになります。

 

田舎へ行けばいくほど、他の地域から来るものは「よそ者」扱いされます。

引っ越しをしてすぐに「祭りに参加しろ」とか「墓を買え」など、その土地に本当に骨を埋める覚悟があるかを問う住民が多いのが現実です。

 

しかし、これは簡単気持ちと憧れだけで移住してきて、結局その地に馴染めずにすぐに出てく「よそ者」が多いからに他なりません。

 

田舎は都会とは違い、そこに長く住む人々が作ってきた歴史や文化があります。

ひょっとすると、そんな大事な文化を移住者に壊されるのではないかと警戒心を持つのも、よく考えれば自然なことなのかもしれません。

 

もともと移民文化の無い都会で育った日本人では考えにくい発想ですが、村八分という言葉もあるように「田舎では他人を気にせず気ままに暮らせる」ということは決してないということを忘れてはいけません。

 

田舎での移住生活を成功し満喫できる人ほど「郷にいては郷に従え」を理解し、実践しているのです。

 

田舎暮らしは生活費が激安?場所によって大きく変わる生活費の実態

田舎暮らしは「生活費がとにかく安い」と安易に考えるのも移住の失敗に繋がります。

 

なぜなら、田舎暮らしで都会と同じ生活水準を求めると逆に生活費が高くなるということを知っておかなければならないから。

 

「田舎の生活費が高い」と聞いて「うそ!」となる気持ちはわかります、でもそれが現実なのです。

 

ではここで、都会と地方都市、田舎生活の費用や環境などを相対的に比較してみます。

 

都会 地方都市 田舎 田舎の特徴
住居費 安い
光熱費 意外に高い
食費 自給自足なら〇
交通の便 車が必需品
税金関係 田舎は高い
交際費 独特な付合い
収入 リモートなら〇
自然環境 好みの環境で
自由度 好みの環境で
子育て環境 好みの環境で
教育レベル 価値観の問題

 

このように、都会と比較して、田舎が圧倒的に安いのは住居費用くらいで、その他の費用は意外に田舎の方が高いことが多いのです。

 

特に水道光熱費については、電気こそ全国どこでもほぼ同じ水準ですが、都市ガスがプロパンガスに変わると2倍以上になることも珍しくありません。上水道に湧き水が使える場所では比較的安くなりますが、田舎の上下水道料金も決して安くはありません

 

食費もスーパーの安売りなども少なく、相対的に物価が高いのが田舎の特徴です。

 

その点でいえば、比較的オールマイティーになんでも安いのが地方都市。交通の便や買い物もしやすく、学校や病院といった生活インフラも整っています。

 

街の規模にもよりますが、田舎ほど人間関係にもうるさく無いので、セカンドライフをUターンではなくJターンにして故郷の近隣の地方都市を移住先に選ぶ方が多いのもうなづけます。

 

田舎暮らしを安く安心してできる方法は?全国の地方自治体の移住支援制度を上手に使うこと

 

田舎暮らしと一言でいっても、古い小さな村から比較的新しくて大きな町までいろいろ。

そんな田舎暮らしする場所を安心して探すなら全国の地方自治体の支援制度を上手に使うことをおすすめします。

 

全国の地方自治体では、近年移住者に対する暮らしや仕事、住まいへの支援を活発に行っており、その額も数万円~数百万円まで幅広くなっています。

 

過疎化に悩む地方では、住居を無料で借りれたり、広大な田んぼや畑がついた物件などもあります。このような支援は、一定の条件を満たせば誰でも使えて、しかも現地の暮らしのアドバイスもしてもらえて安心です。

 

全国の地方自治体などによる移住支援制度

 

現在では、日本中の地方自治体やJA、民間のNPO法人など、100以上の様々な団体が移住を支援しています。

 

なかでも、全国の移住や地方暮らしを希望する方の相談窓口には、認定NPO法人 ふるさと回帰支援センターが便利です。

 

日本で大人気!おすすめの移住先を紹介します

全国

温泉地:人気の温泉地に移住で温泉三昧!激安100円の温泉付物件の謎も解説します!

 

北海道・東北

北海道:札幌へ移住はこれで完璧!仕事・住宅・育児から最大300万円の充実支援が魅力!

 

関東

神奈川県:移住するなら神奈川!最大300万円の支援金でオシャレな田舎を満喫する方法を紹介します

 

中国・四国

香川県:小豆島の移住は移住支援がいっぱい!小豆島の生活費や移住費用を解説します!

 

九州・沖縄

鹿児島県:奄美大島への移住は約200万円?0円お試し移住で費用の問題を解決します!

沖縄県:結婚して沖縄に移住!成功の秘訣は「物価・仕事・人間関係」の3つを知ること

沖縄県:沖縄への移住の費用はまずは0円で!沖縄移住で絶対失敗しない3つの方法と理由を解説

沖縄県:老後は沖縄に移住して楽園生活!移住を失敗させないために大切な6の準備とは

沖縄県:【実体験】沖縄の移住で生活費は10万円でイケる!私が行うリアルな生活費事情とは?

沖縄県:【実体験】沖縄に移住してわかった!移住前に知らないと恐ろしい7つの現実とは?

沖縄県:【大人気】宮古島へ移住するには?お金と仕事と家探し3つの準備で失敗しないを目指そう!

沖縄県:沖縄の移住なら久米島がおすすめ!移住にちょうど良い島は施設と支援も充実です!

沖縄県:西表島に移住するには?最大185万円の支援制度を使って憧れの生活を満喫する方法!

沖縄県:石垣島の移住は家の価格は高騰中!身軽生活で家賃4万円生活を実現する方法!

これからもリアルタイムに追加します!

 

【関連記事】海外移住はこちらをご参照ください→【本気で移住したい方限定】海外移住おすすめの国3選!生活費や治安、便利度を総合的に比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました