【お金がない】私がやった初期費用0円で一人暮らしを始める方法!【4ステップで解説】

一人暮らし

結論から言って、初期費用0円で一人暮らしは開始できます。

一人暮らしを始めるにあたって、どうしてもネックになるのが初期費用。その費用を少しでも安く抑えたい、または払えないという人がどのようにすれば良いかを紹介します。

初期費用を払えない人でも一人暮らしはできます。

そのコツはお部屋選びにあり、大切なことは初期費用があまりかからない物件を探すこと、支払いのタイミングを遅らせることになります。

一人暮らしは初期費用0で、できる?コツは物件の探し方

賃貸物件の初期費用

普通、賃貸契約にかかる初期費用は家賃の5ヶ月分程度が相場ですが、その費用が一人暮らしを始めるのに大きな障害になっています。

しかし、初期費用がかからない物件を探すことでその負担をなくすことができるのです。

賃貸物件を契約する際にかかる初期費用の内訳は、敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・火災保険料・保証料が主なものになります。

敷金・礼金・仲介手数料・前家賃の相場がだいたい各1ヶ月分の家賃で、火災保険料は1.5万円ほど、保証料が家賃+共益費の0.5ヶ月分となります。

このように、入居前に家賃の5ヶ月分程度の資金が必要になるのです。

しかし敷金や礼金、仲介手数料がかからない物件を探すことで、初期費用をほぼ無くすことができます。

住宅供給過多になっている地域では、初期費用を無くしてでも早く借り手を探したい不動産会社や大家さんが多いのです。

そこで、初期費用を安く抑えるためのポイントを紹介していきます。

初期費用を抑えるポイント

一人暮らしを始めるときに初期費用を安く抑えるために効果的な方法は、初期費用の各種を払わなくても良い物件を探すことに尽きます。

1.敷金・礼金が無料の物件を選ぶ

2.仲介手数料無料や半額の物件を探す、または交渉する

3.前家賃がかからないように交渉する、または入居日を調整する

4.フリーレント(一定期間家賃が無料)物件を選ぶ

5.保証会社不要の物件を選ぶ(連帯保証人が必要になります)

これらの条件を満たす物件を探すことで、初期費用をなくす、または大幅に減らすことが可能になるのです。

クレジットカードなどで、支払いのタイミングを遅らせる

初期費用の支払いを、クレジットカード払いに対応している不動産会社を選ぶことで支払いのタイミングを翌月以降にずらすことができます。

クレジットカード払いを利用することで、引っ越しの際にお金がない人でもクレジットカードの決済日までお金を支払わなくても済むのです。

クレジットカードでの初期費用の支払いには「一括払い」しかできないことが多くなっていますが、決済方法を変更することで「分割払い」や「リボ払い」に変更することも可能です。

初期費用は【物件契約金+家具家電代金】だけ

上記のような初期費用ゼロの物件を探すことで、一人暮らしを始めるときにかかる費用を「物件契約金」と「家具家電代金」だけにすることができます。

物件契約金には、先の費用以外の「鍵の交換費用」や「家財保険料」が必要になります。一人暮らしの部屋であれば、両方で3万円程度が相場です。

家具家電代金は、それまで使ってきた実家の家具や家電製品を持っていくか、新たに揃えるかで費用が大きく変わります。

初期費用なしで始める一人暮らしを4ステップで解説

初期費用なしで一人暮らしをスタートさせるには、上記のようなテクニックを駆使することで可能になります。さらに次の4つのステップを踏むことで、確実に無理せず節約生活することができますので、ぜひ参考にして下さい。

step.1 フリーレント物件を探す

フリーレント物件は、入居後の一定期間の家賃が無料になっているオプションサービス。

賃貸物件が多く、住居者の獲得競争が激しい地域で、少しでも借りやすくするためのサービスなので、フリーレント物件を利用することは大変お得です。

フリーレント物件を借りても、これといったデメリットはありませんので、ぜひ利用したいものです。

step.2 家具はもらうor買い足し

物件の初期費用は安くなっても、家具や家電製品を一から買い揃えていては費用がかさんでしまいます。

そこで、地域のフリーペーパーやインターネットの無料広告掲示板などを利用して「無料でもらえる」家具などを探してみてはいかがでしょうか?

一例として地元の掲示板 ジモティーなどがあります。また、最初からすべてを揃えようとせず、必要に応じて少しずつ揃えると無駄なく節約できますよ。

step.3 洗濯はコインランドリー

生活必需品として挙げられるのが大物家電の洗濯機です。

しかし一人分の洗濯物であれば、ある程度溜めてからコインランドリーを使うことで洗濯機の購入を見送ることもできます。

毎日の下着や靴下程度ならお風呂のついでに手洗いで十分ですし、少ない量で洗濯機をまわしても1回あたりの洗濯コストは60円~100円近くかかります。

洗濯には干すという作業もあり、一人暮らしで部屋干ししかできないのであれば、コインランドリーを積極的に利用するほうがかえって安心です。

step.4 フリーレント期間終了までの費用捻出

ここまで紹介してきた方法を実現できれば、一人暮らしを始めてからほとんど生活費だけで過ごしてこれるはず。

しかしフリーレント物件を選んでも、期限がくれば家賃の支払いが始まります。またクレジットカードを使った場合も、引き落とし期限までには口座にお金が必要です。

お金の準備はあくまでも計画的に行うことが大切です。支払いが発生しない期間にしっかりと資金の管理を行い、計画的な生活を心がけましょう。

【注意】初期費用はなくてもお金は必要です

これらをご紹介したのは、初期費用がいらないだけで、一人暮らしをするには必ずお金がかかってきます。

一人暮らしの生活をするには、部屋を借りるだけでなく、家具や家電製品といった家財道具が必要になります。また無事に入居しても、すぐに食費や被服費用などの生活費が必要になります。

それ以外にも、初期費用を無料で入居できた場合でも、部屋の使用状況によっては退去時に原状回復費用が請求されるかもしれません。

そのため、あくまで急な一人暮らしに対応はできますが、捻出できるお金は必ず出しましょう。

短期間ならホテル暮らしもありかも?一人暮らしより安い理由

あなたの一人暮らしの期間が短期の場合、もしかするとホテル暮らしやマンスリーマンションなどを選ぶ方が安くなるかもしれません。

都心に関わらず地方都市でも、交通の便が非常に良い場所にビジネスホテルやマンスリーマンションがあり、その費用も最近では非常に安くなっています。

一人暮らしのアパート暮らしに必要な住居費用は、家賃や水道光熱費、インターネットなどの通信費用も入れると、月額で10万円近くはかかります。都会であれば家賃が高騰するのでもっとかかることでしょう。しかしホテルやマンスリーマンションでは、その多くが組み込まれた料金でわかりやすく、しかも煩わしい契約も必要ありません。

シングルタイプのホテルを例にとれば、掃除もしてくれてエアコンも使い放題、シャワーもお風呂も使い放題でトイレットペーパーやシャンプーなども補充要らずで月に10万円ほどで宿泊できます。

ホテルやマンスリーマンション暮らしの欠点は、住所をおくことができないので、住民票や郵便物を実家に届けてもらわないといけないことでしょうか。

もしもあなたの一人暮らしの生活がこの条件を満たすのであれば、無理に不動産を探すよりも手軽に快適な一人暮らしを実現できるかもしれませんよ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました