お風呂の椅子の掃除は重曹とお酢がダントツ!汚れを溶かすテクニックを紹介

お風呂

毎日入るお風呂はいつもキレイにしておきたいもの。

でも、お風呂の椅子って気がついたら汚れていませんか?

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

そんなお風呂の椅子にこびりついた汚れを落とすために、高価な洗剤を買ってみたり、ステンレス製のタワシでゴシゴシしたり。気が付いたら椅子が傷だらけに…。

そんな苦い経験をした方も多いはず。

そこで今回は、そんなお風呂の椅子を軽くこするだけでピカピカに出来る方法を紹介します。これを使えば、力もお金もほぼ要りません

そんな魔法のような掃除法、ぜひお試しくださいね!

お風呂の椅子の白い汚れは石鹸カスと皮脂汚れ!アルカリ性の汚れは酸で溶かして洗いましょう

風呂イスって、気がつけば異様に汚れてたりしません?

この汚れの原因は石鹸カスや皮脂汚れがほとんど。その汚れを栄養分にカビが繁殖して黒ずんだり、ヌルヌルしたり…。

椅子の脚の部分や裏側は汚れが特に堆積しやすいので、清潔を保つためにはまめな手入れが必要です。

分かっちゃいるけど、もう時すでに遅し。気付いたらこんなで、いつものお風呂用洗剤でゴシゴシしたくらいでは全く歯が立ちません。

実はこの汚れ、アルカリ性の石鹸カスや酸性の皮脂の汚れが幕が張ったようにこびりついており、中性のお風呂洗剤ではなかなか落ちないんです。

そこで、効くのが弱アルカリ性の『重曹』酸性の『お酢』のコンビで化学反応を起こし『溶かして落とす』方法!

なんか『化学反応で溶かす』とかスゴイ!でしょ。

『重曹とお酢』でお風呂の椅子の汚れをラクに落とす方法とは!

それでは、実際に重曹とお酢でどのように掃除すればよいのかを紹介していきます。

やり方はじつに簡単。重曹にお酢をまぜたペーストで椅子をこすり洗いするだけ。

『重曹2』に対して『お酢1』の割合で混ぜるだけで洗浄剤の完成。

混ぜる過程でシュワシュワと泡が発生します。この泡が弱アルカリ性の重曹と酸性の酢による化学反応で、アルカリ性の石鹸カスが酸性のお酢の効果で溶け酸性の皮脂汚れは弱アルカリ性の重曹によって溶けるという仕組み。

この泡々になったペーストをお風呂掃除のスポンジに取って、椅子にこびりついた汚れを直に擦っていきます。

最初のうちは「こすり洗い」ですが、しばらく擦っているうちにどんどん「溶けていく」感覚になるはず。

ハッキリ言ってよく落ちます!硬いナイロンのタワシや高価なスポンジも要りません。普通のスポンジで十分落ちます。

重曹(炭酸水素ナトリウム)とお酢は両方とも食品で、環境や身体にも大変優しくエコな洗剤。コスパも良く、1回あたりのコストも30円もかかりません。

『ただしこのペーストは、とっても臭い!』これだけがデメリットです。お風呂に窓がないマンションなどは、換気扇をしっかりと回して、部屋の通気性を良くして掃除しましょう

身体に害は全くないので、安心して我慢してくださいね!(笑)

関連記事:臭わないクエン酸でつけ置き洗いする方法はこちら!

これだけはしないで!お風呂の掃除はキズをつけないようにすること

お風呂の掃除は、しばらくサボるとトコトン汚れます。そして、汚れるだけならいいのですが、カビが深くまで浸透すると大変で、そうなると軽く擦ったくらいではカビの黒ずみは落ちなくなります。

そんな時に絶対してはいけないことは、硬いタワシやクレンザーでゴシゴシ擦ること。

お風呂に使われている素材は、基本的にやわらかいものが多く、湯船や壁、パッキンや扉などはすぐに傷がつき、その部分に汚れやカビがつきやすくなって、汚れが酷くなってしまうのです。

また黒カビは、ゴムやシリコンなどに浸透すると、擦っても落ちません。

そんな時は、カビを落とす方法をしっかり理解して掃除することが大切。専用のカビ取り剤や漂白剤でカビを落とすようにしてください。

お風呂の椅子をキレイにする方法のまとめ

いかがでしたか?お風呂の掃除は、台所と同様に『汚れの質』を良く理解して洗うことで、意外なほど簡単に落とせるものです。

だからといって、こびりつくまで放っておくのはNGですよ!

『重曹とお酢』のコンビは、特にお風呂や台所の掃除には有効な洗浄剤です。

お酢は常備しているご家庭も多いと思うので、ぜひ重曹も買い置きしておくと良いですよ。これからのカビの季節に備えて、ぜひあなたの家のお風呂掃除でも一度お試しくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました