ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

一人暮らし 節約 食費

一人暮らしの食費はPB商品で節約?安さの秘密とメリットを詳しく解説

大手スーパーやコンビニなどでよく見かけるPB(プライベートブランド)商品。

 

あなたも1度や2度は購入したことがあるのではないでしょうか?

 

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

 

今回はそんなPB商品について、どうしてスーパーがNB(ナショナルブランド)商品よりも安いPB商品を大量に販売するのか?

 

また、その安さの秘密についても紹介してまいります。

 

一人暮らしで、少しでも食費を節約したいあなた。この記事を読んで上手な節約術を実践してくださいね!

 

PB商品はなぜ安い?どこが製造しているの?NB商品との違いを解説します!

セブンイレブンのPB人気商品

そもそもPB商品やNB商品てなに?と思う方もいるかもしれません。

でも、実はあなたも普段からきっと購入して食べたり使ったりしている商品なのです。

 

ここではまず、そんなPB商品とNB商品の違いについて解説していきます。

 

PB商品とNB商品の違いとは?

ポテチのNB商品の一例

大手スーパーやコンビニなどの商品には、そのチェーン独自のオリジナルロゴの入った商品が目につきます。

 

大手スーパーを例をあげると、

イオンの『トップバリュ』

イトーヨーカドーの『セブンプレミアム』

などがあり

 

コンビニでは、

セブンイレブンの『セブンプレミアム』

ファミリーマートの『ファミリーマートコレクション』

ローソンの『ローソンオリジナル』

がその代表です。

 

最近では、大手家電メーカーや日用雑貨などでも目立つようになりました。

 

これらの商品は、PB(プライベートブランド)と呼ばれ、小売店や卸業者が企画から商品開発に参加し、独占的に商品を販売されています。

 

一方で、普通にテレビコマーシャルで見るような商品はNB(ナショナルブランド)と呼ば、各企業が卸売や小売店に卸している商品のことを言います。

 

これらはメーカー側が商品の企画から製造までを一貫して行い、メーカーの企業ブランドがものを言うために、大々的にCMされている商品が幅を利かせています。

 

PB商品はなぜ安い?製造元はどこなの?を解説

PB商品を買うことの一番の理由は、NB商品よりも比較的安い価格帯で販売されているから。

 

PB商品をNB商品とあえて同じ棚のすぐ側に陳列することで、その安さが際立つように販売されることが多いのはそのためです。

 

PB商品の製造は、基本的に他の大手メーカーに外注して作ります。しかも、全国にあるチェーンストアで販売するので、その注文量は凄まじく大量です。

 

そのため、PB商品を外注する側は製造コスト・物流費・広告費・人件費などを大幅に削減して、できあがった商品を販売することが出来るのです。

 

一方、受注側には大量の商品を発注してもらえるというメリットがあり、自社商品だけでは向上をフル稼働させられない状態でも、PB商品の製造を受け持つことで、効率よく製造工場を稼働させられるのです。

 

PB商品はどこでも作れるの?PB商品を販売できるのはお店にブランド力があるから!

PB商品は利益も独自性もだせるから、どこでも作って販売できるかといえば、そんなことはありません。

 

PB商品を販売できるのは、その『お店や企業にブランド力』があることが大前提となります。

 

このお店や企業のPB商品であれば安心して購入できるという信用がないと売れません。

 

そのために、PB商品を扱う企業は自社の信用を高めるためのエコ活動や教育など、様々な社会貢献を行う活動を活発にしているのです。

 

更に2020年4月からは改正食品表示法が施行され、PB商品の『製造元を明記』することが義務づけられ、消費者がより一層安全や安心を確認しやすくなりました。

 

PB商品を上手に買えば節約ができる?意外に高いものもあるので要注意です!

このように、PB商品は『安かろう不味かろう』ではなく、『安くて美味い』を実現した商品です。

 

しかし、PBだからどれもが安いと思うのはちょっと間違い。

 

スーパーマーケットでの買い物なら、他の類似商品と比較して購入できるのですぐに気づきますが、注意すべきは『コンビニのPB商品』です。

 

なぜなら、最近のコンビニはPB商品を他のNB商品と分けて陳列し、高級感を出して販売しており、他のNB商品よりも高い価格帯で販売できる『プレミアム商品』を多数販売しているから。

 

そんな商品は、NB商品よりも美味しいかも知れませんが『価格が高い』のが特徴。

 

一人暮らしでコンビニを頻繁に使う方は要注意なのです。

 

一人暮らしの食費はPBで節約できる?のまとめ

このように、食費を節約するのにスーパーマーケットのPB商品は非常に有り難いもの。

 

でも、なんでも安いと考えるのは間違いです。

 

企業のM&Aや競争が激化する中、各企業は自社のブランドを高めようと必死にPB商品の開発と高級化に取り組んでいます。

 

逆にNBメーカーは、大量販売による安売りセールを大々的に行うケースも目立ちます。

 

消費者側にとってもこの動きは嬉しいし助かる面も大きいのですが、しっかりと内容や製造元、値段を確認して、よりお得な商品を見つけて買い物するようにしましょうね!

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です