古い冷蔵庫は電気代が4倍高い?20年前3万円の電気代が今7千円の理由とは

冷蔵庫の電気代は、ここ20年間で年間約3万円から7千円ほどに激減しています。

壊れていないからと何十年も同じ冷蔵庫を使っているお宅は、電気代を損しているかもしれません。

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

冷蔵庫は家電の中で電気を最もよく使う製品のひとつで、無くてなならない必需品。

消費電力が多く、1年を通じて電源を入れっぱなしにする電化製品は冷蔵庫くらいなもの。

どうしても電気代が気になるのは当然。

今回は、そんな冷蔵庫の電気代について徹底解説していきます。

ぜひこの記事を参考にして、冷蔵庫の買い替えを検討してみて下さいね!

電気料金を安くしたいと思っているあなたに、一番おすすめしたいのが「Looopでんき」です。ライフラインの中で最も使うエネルギーである「電力」を節約して、浮いたお金で毎月少しだけ贅沢をしませんか?

 

【Looopでんきのメリット】
・年20,000円以上の節約を多くの方が実現
・ずっと基本料金は0円(無料)
・業界でも最安水準!初期電力会社なら確実に節約
・手数料・解約金・違約金一切なし
・切り替え簡単!お試し感覚でOK
・トラブル時の駆けつけサービスが無料!

とにかく電気料金が安いというのが、Looopでんきが選ばれている一番の理由。以下のシミュレーション結果を見れば納得ですよね!

料金シミュレーション結果(公式サイト)
3人以上の世帯例(1月:600kwh/50Aで算出) 9,405円お得
2人世帯の例(1月:500kwh/40Aで算出) 5,004円お得
1人暮らしの例(1月:290kwh/30Aで算出) 4,374円お得
※東京電力エリアで試算

申し込みをするだけで面倒な手続きも工事も一切なし。手数料や解約金もないので、お試し感覚で一度切り替えて、合わなかったら解約でOK。

最新型の冷蔵庫は電気代が年間7千円!低電力化の秘密とは?

冷蔵庫の消費電力量は、近年のインバーター制御機能と真空断熱材の進化によって大きく進歩

特に最近20年の進化には目を見張るものがあり、ここ10年で消費電力量が下がりきった感じを受けます。

一般家族向けの冷蔵庫の電気代の推移

では、一般家庭でよく使われている500Lサイズの電気代がどのように変化しているかを具体的な数値で計算してみましょう。

容量501L~550Lサイズの冷蔵庫(※電気代は1kwhあたり27円で計算)

1998年モデルでは約1100kwh/年で1年間の電気代は約29700円

2008年モデルでは約370kwh/年で1年間の電気代は約9990円

2020年モデルでは約280kwh/年で1年間の電気代は約7560円

となっています。

このように、1998年製の冷蔵庫は最新型に比べて約4倍の電気代がかかっています。

2008年モデルとの比較では、省エネ化が進んでいるのであまり大きな差が見られません。

冷蔵庫の寿命と消費電力量について

冷蔵庫の寿命は、上手に使うと意外に長いもので、実際に20年以上使える製品も見受けられます。これはよく言う「あたり機種」ということわけではなく、使い方にも大きく影響されます

冷蔵庫の設置場所が放熱がしやすかったとか、中身を詰め過ぎずに使ったなどの使用条件で、冷蔵庫の寿命は大きく変わるからです。

しかし、冷蔵庫もいつかは寿命を迎えます。その前触れとして、異音がしたり、冷えにくい、氷が出来なくなったという現象が起こり始めることが多いようです。

もしもそんなサインに気づいたら、速やかに買い替えましょう。

冷蔵庫の耐用年数は約10年

冷蔵庫の耐用年数は、約10年となっているものが多く、消耗品の多い冷蔵庫は長く使うと冷却用のガスが抜けたりして圧力が低下し、電気消費量が増えるという現象が見られます。

しかし冷蔵庫の電気代は目に見えないので、多くの場合は変化を見逃してしまいがち。家庭用の冷蔵庫が冷えにくくなったり、異音がするようになったら要注意です。

特に夏場は冷えが悪くなってしまうと、食中毒の原因にもなりかねないので注意しましょう。

冷蔵庫の買い替えどきはいつ?安い時期を選んで買い替えましょう!

冷蔵庫の買い替えを決心するのは難しいもの。つい壊れるまで使うという方も多いのではないでしょうか。

では、今お使いの冷蔵庫をいつ買い替えれば良いのでしょうか?

それはズバリ、今お使いの冷蔵庫の年式と消費電力から判断することをおすすめします。

2000年以前の冷蔵庫の場合

今お使いの冷蔵庫が2000年以前の製品であれば「即買い替え」をおすすめします。

2000年以前の冷蔵庫の消費電力は1000kwh/年を超える製品がほとんど。その電気代は、最新型の冷蔵庫と比べると年間2万円以上高くなります

また、古い冷蔵庫を使っていると、いつ壊れるかわからない冷蔵庫を使うリスクもあります。もしも旅行中などに冷蔵庫が故障すると大変なことになります。

2010年以前の冷蔵庫の場合

2010年よりも前に買い替えた冷蔵庫であれば、冷蔵庫のドアの内側にある消費電力量を参考にしてください。

もしも消費電力量が600kwh/年を超えているようであれば、買い替えを検討してはいかがでしょうか?電気代は最新型に比べて2倍以上に高くなっています。

また10年以上使っていると、家族構成も変わっているご家庭も多いのことでしょう。

子どもが大きくなったのでさらに大型の冷蔵庫にしたいとか、逆に子どもが独立して手ごろなサイズのものに買い替えたいというご家庭もあるかもしれません。

それ以外にも「最近冷えにくいな」とか「変な音がする」という場合には、すぐに買い替えましょう。寿命が近いだけでなく、確実に消費電力量が多くなり電気代も高くなっているはずです。

2010年以降の冷蔵庫の場合

2010年以降に発売された冷蔵庫をお使いの場合には、かなりの省エネ冷蔵庫になっているでしょうから故障の兆しがない限りは買い替えの必要はないでしょう。

しかし、これも国産メーカーの冷蔵庫の話です。もともとが安い外国産の冷蔵庫には、高性能の省エネ機能がなく、電気代が高い製品が多いので注意してください。

2010年以降でも、そろそろ使い始めて10年が経過する冷蔵庫であれば、異音や冷え方には注意して使うようにしましょう。

冷蔵庫の安い時期はいつ?

冷蔵庫の安い時期は、最新型が出る前の在庫一掃の時期と、決算セールが行われる時期になります。 

だいたい家電メーカーの新型冷蔵庫が発売される9月の直前、7月か8月が旧型のお買い得時期。そして、家電量販店の決算セールがある2月がねらい目の時期。

またそれ以外にも、家電量販店が独自に行うセールや通販型量販店の限定セールもお安く買えるチャンスです。

いまは特に大型冷蔵庫が流行りですので、消費電力量と容量などを考慮のうえ、ご家庭の事情に合わせて賢く選んでください。

冷蔵庫電気代との買い替えどきのまとめ

いかがでしたでしょうか?このように、近年の冷蔵庫の省エネ化にはめざましいものがあり、電気代はここ20年で1/4以下にまで下がっています。

しかし、なかなか壊れない冷蔵庫を買い替えるのもためらってしまうのも事実。

そんな時は、この記事を参考に、年式と消費電力量、冷蔵庫の調子をみて判断してみてはいかがでしょうか?

最近の冷蔵庫は抗菌処理などもされており、製氷機なども清潔で安心、故障以外でも買い替えのメリットがありますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました