ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

生活の悩み 費用

シングルマザーはパートがいい?母子家庭の上手な働き方と収入を検証します!

 

仕事をしながら家計を支え、家事と育児も両立させなければならないシングルマザー。

 

収入の安定を考えれば正社員で働きたいけど、子どものことを考えると時間に自由が利くパートの方が働きやすい。そんな悩みを抱えるお母さんは多いはず。

 

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

 

シングルマザーにとって、一番の悩みは「子育てと両立できる仕事」ではないでしょうか?

 

正社員でもリモートワークなどで時間に自由が利く仕事を持っていれば安心ですが、なかなかそうもいかないのが現実。

 

今回はそんなシングルマザーとパートをテーマに、パートで働くメリットとデメリット、収入を安定させるコツについて解説していきます。

 

子育てに悩んでいるシングルマザーやお母さんに、ぜひ参考にしてくだされば幸いです。 

 

シングルマザーがパートで働くメリットとデメリット、パートに出られる条件とは?

 

子どもを持つシングルマザーが仕事を探すときに一番考えるのは、やはり子どものことですよね。

 

正社員で働くスキルがあっても、子どもが急に熱をだしたり、突然仕事の残業が入ったり。

代わりに面倒を見てくれる人がいれば問題ありませんが、なかなかそうもいかないのが現実です。

 

パートとして働くシングルマザーが多いのは、そんな背景によるものです。

 

パートで働くメリット

 

シングルマザーとして生活するのであれば、自分が子育てをする時間を作る必要があるので、パートのほうが自由度は高くなります。

 

パートの場合には基本的に残業がありません。また、シフトを組める職場が多いので、子どもの保育所や学校の行事に合わせて仕事を調整しやすいメリットがあります。

 

また短時間で働くことができるので、家事や子育てに時間を割くこともできます。

 

このように、パートで働くと「時間に対して融通が利く」ところが大きなメリットです。

 

パートで働くデメリット

 

パートで働くことを選択した場合、どうしても心配になってくるのが収入面ですよね。

 

パートで得ることができる収入だけで、母子家庭として十分に生活していくことができるのかは誰もが心配するところ。

シングルマザーの場合、いろいろな面で公的な支援が受けられます。公営住宅に安い賃料で優先して入れたり、補助金や手当ももらえたりする制度もあります。

 

しかし、パートの収入だけで生活するのはやはり大変です。パートで得られる収入は、1カ月当たり10万円以下という人がほとんど。

 

子どもが幼い頃はいいのですが、成長するにつれて学費もかかります。さらに大学まで行かせるとなると、将来に備えた学費の準備も必要です。さらに、子どもが2人、3人いるとなれば、学費の負担も大きくなります。

 

そうなると、パートで得られる収入だけではとても暮らすのに不安が出るのも当然です。

 

パートで働く方の条件は?

 

やはり、シングルマザーがパートのみで働くにはある程度の条件が必要です。

 

実際にシングルマザーでパートをする人は「将来的に正社員に昇格できる会社で働いている」「生活費を実家などから支援してもらっている」「養育費をもらっている」という方が多く、比較的恵まれた環境にある方が多いのが現実です。

 

子どもの体調や行事で、急な欠勤や遅刻、早退を相談出来ることは助かります。しかし、そのぶん勤務時間が短くなるので給与も減ってしまいます。そうなると毎月の収入も不安定になってしまいます。

 

このようにほとんどのシングルマザーがパート収入だけでは足りず、何らかの副収入を得ながら生活を成り立たせている方が多いのです。

 

パートで働きながら収入を安定させるコツは収入源を増やすこと!

 

では、足りない収入を少しでも増やして、生活を安定させる方法にはどんな手段があるでしょうか?

 

ここでは、無理のない収入アップの方法を解説していきます。

 

手に職をつけて資格を取る

 

自分のスキルや資格を生かして仕事をすることで、時給が上がったり、職場によっては資格手当を得ることもできます。

 

「教育訓練給付金制度」が利用できる資格であれば、受講費用の一部、または全額が支給され、格安か無料で資格を取得することも可能です。

 

また、最近浸透してきているリモートワークが可能なスキルを身につけることで、在宅で仕事ができる可能性もあります。

 

自宅に居ながら仕事ができれば、子どもの世話の心配もなく家事や育児をしっかりとしながら収入を得ることも十分に可能です。

 

公的な手当を受給する

 

シングルマザーが地方自治体から受け取ることができる手当には、児童扶養手当や児童手当、住宅手当などがあります。

 

各地方自治体によって支援策や支援額はことなりますので、一度役所などに相談してみることをおすすめします。意外に知らなかったことを教えてもらえるので、いま受給を受けている方もぜひ相談してみて下さい。

 

前夫から養育費をもらう

 

シングルマザーになる前の夫から養育費をもらっていない場合には、ぜひ検討していただきたいのが養育費の請求です。

 

もしも前夫から養育費の支払いが滞っている場合には、履行勧告や強制執行などを裁判所からしてもらうこともできます。離婚時に養育費の話や約束をしていなかった場合でも、家庭裁判所に調停の申し立てをすることも可能です。

 

そんな時は役所に相談すれば費用もかからずに済みます。もしも心細い場合には、近くの弁護士協会や弁護士の検索サイトで離婚問題に強い弁護士を探すことも可能です。

 

内容によっては無料で相談できる弁護士もいるので、気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

 

パート以外の収入源をつくる

 

パートで働く場合には、他の仕事に就くことに制限はありません。また、最近では正社員であっても副業が許される会社も増えています。

 

そこで、自分でできる副業を持つことも大切です。今ではインターネットを使った商品販売やアフィリエイトなど、とにかくノーリスクでお金を稼ぐことが出来る方法がいくらでもあります。

 

誰でも簡単に稼げるというほど甘いものではありませんが、地道に続けることで確実にスキルがあがり、収益を得ることができるのもインターネットビジネスの良いところ。しっかりと勉強してスキルアップすれば、時間もお金も自由にできるというメリットが最大の魅力です。

 

シングルマザーがパートで働くメリットと収入アップのコツについてのまとめ

 

以上、いかがでしょうか?

 

シングルマザーがパートだけの収入で、子どもと一緒に十分な生活をすることはなかなか難しいということがよくわかりました。

 

しかし、正社員で働くには実家の両親のお世話になるなど、何らかの支援も必要になります。

 

そこで、まずは役所などに相談して受給できる支援がないかを調べてみましょう。いま、子育てや住宅などの支援を積極的に行う自治体も多くあり、地域によっては町ぐるみでシングルマザーを応援してくれる所もあります。

 

そして、自らも積極的に資格を得たり、仕事についての勉強をすることも大切です。オンラインを使った仕事であれば、時間やお金のリスクもなく、自分の特技やスキルを活かして仕事にすることも可能です。

 

シングルマザーでも、安定した生活を送るチャンスはいくらでもあります。その方法も選択もたくさんあるのが現代社会です。男女の区別や差別もなく働けるいま、あなたにとってどのような仕事が適しているか、改めてよく考えてみてくださいね!

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です