【バンコク移住】タイでの仕事や就職に役立つスキルと語学力を徹底解説します!

生活の悩み

移住で人気のタイの首都バンコクには日本の企業も多数進出しており、多くの日本企業の駐在員が派遣されています。

そんなバンコクで日本人が現地の会社などに「就職」する場合、仕事のスキルや語学力はどれ程必要なのでしょうか?

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

海外で就職すると聞くと、外国語がペラペラで高学歴の超エリート世界の話だと思っていませんか?

少なくともタイで働くには、そこまでのスキルがなくても十分に通用しました。ここでは、そんなタイのバンコクでの海外就職について私の体験を通じて解説していきたいと思います。

今後はタイへ移住して、現地で仕事をしながら暮らそうとお考えの方はぜひ参考にして下さいね!

バンコクで働く!でもどうやって仕事を探せばいいの?就職から給与まで解説

タイで仕事をして稼ぐには、就労ビザと労働許可証の取得が必要です。

タイの就労ビザには、日本での就業経験の年数に関する規定がなく比較的取得が容易です。しかし、高卒学歴の場合はある程度の就業経験がないと、ビザの取得はできても労働許可証の取得が難しいのが現実です。

しかし求人には未経験者歓迎の仕事も多く見られます。また業種・職種によっては英語やタイ語の能力もそれほど求められない求人があります。

バンコクでの就職活動

バンコクで仕事を探す場合は、まず人材・転職サイトに登録するという方法があります。

今では、海外やアジアでの就職に特化したサイトもあります。一般の転職サイトでもバンコク勤務の仕事は多数見受けられますので、ご自分にあった仕事を探してみて下さい。

バンコクの仕事で多いのが製造業で、営業職や工場管理などでは経験者が広く求められています。金型職人やエンジニア、設計といった技術系の仕事も経験があれば有利です。それに加えて、近年ではIT関係やホテルなどの観光業、レストランなどの飲食関係の求人も目立ちます。

このような業界では、日本での経験とスキルがあると絶対的に有利です。タイの労働許可証の取得条件として、日本の前職の在職証明書も必要になりますので、ぜひこれまでの職歴を活用しましょう。

バンコクでの収入の目安(※1バーツ=3.35円で計算)

バンコクでの給与待遇は、だいたい5万バーツ(約16万7500円)くらいからで、自身のスキルや経験によっては8~10万バーツ(約27~34万円)以上のところもあります。

バンコクでの生活費(最低10万円~15万円くらい)を考えると、十分な暮らしは可能な給与と言えるでしょう。

収入に関しては日本と同じように、バンコクでも経験値とスキルの高さによる企業への貢献度によって大きく左右されます。

バンコクの仕事で技術以外に必要なスキルは?語学力など徹底検証!

バンコクで働く場合、仕事の技術だけでは職には就けません。日本企業から派遣される場合であればカタコトの英語でも、現地の通訳を介して会話ができますが、1個人として就職するには、ある程度の語学力は必要です。

必要なタイ語や英語の能力は?

仕事に就くには英語力があることが望ましいことに変わりはありませんが、高レベルというほどの語学力は必要ありません。バンコクの仕事によっては、営業先や取引先が日系企業で、日本人としかコンタクトをとらない仕事の場合もあるからです。

しかし、現地のタイ人の社員や従業員と最低限の意思疎通ができるコミュニケーション能力は必要です。日常会話程度の英語力は最低でも欲しいところですし、カタコトのタイ語くらいは勉強しておきたいですね。(英語力はTOEIC 600点あれば、かなり就職にも有利です)

タイで安くタイ語を学ぶ方法もある

就職する前に、まずタイ語能力を身につける方法もあります。現地には、日本人をはじめとする外国人を対象とするタイ語学校が多数あり、月5000バーツ(約1万6750円)くらいで、留学ビザを取得し、現地で暮らしながら学ぶことができます。

まずはこの留学ビザで半年ほどタイ語を学び、バンコクに部屋を借りて、タイの移住生活に慣れてから就職活動をはじめるのもおすすめの方法です。

バンコクにも日系の人材会社がいくつもあり、ここに登録して仕事を探すことが可能。それにいまはだいぶ減ってはきましたが、現地で発行されている日本語フリーペーパーなどでも求人情報が載っています。

タイに労働条件はあるの?タイ政府が管理している基準があります!

タイには日本と同じような労働条件があり、タイ政府が管理しています。

タイの休日と休暇について

タイの年間祝日数は約13~15日で、4月13~15日はタイの旧正月であるソンクラーン祭りがあります。もちろん会社によりますが、この時期に祝日とあわせて有給休暇を使って1週間ほど休みを取る人が多いです。また年によって、政府が特別に祝日を設定することがあるため、毎年の祝日の日数が違います。

タイの福利厚生と労働時間について

1日の就業時間は休憩を除いた8時間で、1週間の総労働時間は48時間以内と定められています。有給休暇については、1年以上勤務した場合に6日以上が付与されます。

タイでは有給休暇とは別に「病欠休暇」があります。これは、従業員が年30日まで病欠休暇を取る権利ですが、むやみに行使して休みすぎると仕事の評価が下がり、昇給や賞与に影響するので要注意です。

タイの社会保険について

タイでは、指定された病院で無料で治療を受けることができます。しかし指定の病院以外で治療を受ける場合は、全額自己負担になります。

社会保険で指定される病院は外国語に対応しない病院が多いので、タイで働く外国人は別に民間の健康保険に加入する場合も多くなっています。企業によってはその保険料を負担をしてくれる会社もあるので、就職の際の選考材料に入れておくと安心です。

タイの残業手当と賞与について

日本と同じく、管理職を除く従業員に時間外労働が発生する場合は、雇用主は下記の時間あたりの残業手当を支払う義務があります。

・平日の残業代は1.5倍

・休日の勤務費は2倍

・休日の残業代は3倍

また賞与については、企業により違います。一般的には賞与は年に1回で、12月に支給される場合が多いようです。賞与はすべての企業にあるわけではなく、雇用形態や業績によっても左右されますし、なくなることもあります。

参考:タイ労働省HPより

バンコクで就職!タイの仕事と必要なスキル、待遇のまとめ

以上、いかがでしたでしょうか?

バンコクには現在、日系の人材派遣会社がいくつもあり、このようなエージェントに登録して仕事を探すことが一般的です。しかし、単身で語学を学び、地元のコミュニケーションの中で仕事を探すことも十分に可能です。

ただエージェントに任せるのではなく、自分で自活して生きていくという気概があるかたには良い方法です。

語学力や現地の人とのコミュニケーション能力が長けていれば、自分たちで仕事を作り、後に会社を興すことも可能です。そのような場合には、ビザも違う種類のものが必要にあるかもしれません。

バンコクには日本企業や日本人も多いのでつい安心しがちですが、法律の違いなどにも十分留意して楽しい移住生活を満喫しましょう!

【関連記事】【本気で移住したい方限定】海外移住おすすめの国3選!生活費や治安、便利度を総合的に比較もぜひ参考にしてくださいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました