ヒトカツ.com

日本で一番硬派な生活応援サイト

水道 費用

【驚愕】ウォーターサーバー不要!水のコストが浄水器の160倍の秘密

最近流行りのウォーターサーバーは、テレビで見ない日はないほど毎日宣伝しています。

 

ウォーターサーバーは一家に一台が当たり前の時代!なんて謳っているCMも見かけますが、騙されてはいけません。

 

こんにちは!ヒトカツ編集部です!

 

そもそも日本という国は『水』に関しては『湯水のように使う』なんて言葉があるほど資源豊かな国。

 

外国の映画なんかで『なんかカッコいい!』みたいな感覚で、高価なウォーターサーバーをレンタルすると、後悔するか自己満足するかのどちらかです。

 

元料理人の私からすると、ウォーターサーバーで淹れた天然水のコーヒーやお茶は美味しいなんていうのも『気持ちの問題』です。

 

今回は、そんなウォーターサーバーと、私がおすすめする家庭用浄水器について解説していきます。

 

日本でウォーターサーバーは要らない?日本中どこの水道水でも生で飲める安全性は世界トップクラス!

日本では、ほぼどこの都道府県に行っても上水道が完備されており、安くて安全な水を確保できます。

 

海外へ行くと常識ですが、ほとんどの国では日本のように水道水をそのまま飲める国はなく、水は買うものというのが当たり前です。

 

実際に海外旅行へ行くと、ホテルのレストランで食後のコーヒーや紅茶は無料なのに、水を頼むと普通に数百円の請求書がきます。日本では考えられませんよね!

 

このように安全で、しかも美味しい水が水道から直接飲める日本で、わざわざ月に3000~10000円近いお金を払って、しかも電気代まで使いウォーターサーバーをレンタルするのは絶対にナンセンスです。

 

『だって家の水は美味しくないから』というあなた!ホームセンターや家電量販店などで売っている1万円にも満たない浄水器を使ってみて下さい。

 

ウォーターサーバーと遜色ない『水』が、めちゃくちゃ安価に手に入りますよ!

 

ウォーターサーバーと浄水器の水1Ⅼあたりのコストを比較すると?なんとその差は100倍!

では、ウォーターサーバーと浄水器では水1あたりのコストがどれ程違うかを計算してみましょう。

 

ウォーターサーバーの水1あたりのコストは、安いもので120円から。高いものでは180円ほどします。

 

一方、家庭用浄水器で水を精製するのにかかる費用は1あたり1円ほど。

日本の水道水1の値段は約0.2円と恐ろしく安いので、高くても1.5円以内には収まります。

 

ウォーターサーバーの平均金額との差は100倍もあることがわかりますよね!

 

それは、従来からあるインフラを使わずに、貴方の家までお水を配達してもらうわけですから当然と言えば当然。

 

1150円といえば、スーパーのボトルコーヒーの方がはるかに安い金額なのです。

 

ミネラルウォーターはコーヒーや紅茶には不向き?温度が低いと美味しく抽出できません!

ウォーターサーバーのうたい文句にある『いつでも美味しいコーヒーがすぐに飲める』という言葉。

 

たしかにウォーターサーバーには『お湯』をすぐに使える便利な機能があります。

 

しかしその温度は80~90前後が多く、コーヒーや紅茶の抽出には向きません。

 

この温度ではカップ麺も上手く作れないので、結局沸かしなおしが必要になるのです。

 

私の経験では、日本料理やコーヒーなどの抽出には水道水をろ過した軟水の方が味が出やすく向いていると感じます。

 

決してウォーターサーバーの水が不味いとは言いませんが、先ほど申し上げたように100倍ものコストを使うのであれば、新鮮な水道水を、高性能な国産の浄水器でろ過して使用するほうがずっとお得なのです。

 

ウォーターサーバーと浄水器のコスト比較のまとめ

 

以上、いかがでしたか?

 

このように、ウォーターサーバーと浄水器では、水1あたりのコストがなんと100倍も違うことがわかりました。

 

日本は世界的にみても、非常に水資源が豊富な国です。

 

外国のように『水を買う』という行為が当たり前にはなっていますが、もう一度水道水がそのまま飲めるという有難みと、水源を大事にするという観点から、水道水に着目してみてはいかがでしょうか?

 

数千円で買える浄水器で美味しい水が飲めるのは、浄水器が高性能なこともありますが、やはり日本の水が美味しいからに他ならないのですね!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です